【チンチラの食事・2021最新版】健康を考えた牧草とペレット

chinchilla-foodsチンチラの飼い方

こんにちは、norikoです。

昨年新しくお迎えしたななお(シナモン)は牧草が大好きで食いしん坊。

ずーっと牧草を食べているイメージです。

せっかく牧草大好きっ子に巡り合えたので、ななおについては食事内容を今までの子たちと違ったものにしました。

小動物の腸にやさしい牧草中心の食事にすれば腸内の微生物とも仲良くやっていけることでしょう。

それはそのままチンチラの健康に繋がり、長生きしてくれることへの希望にも繋がっていきます。

ネットや本の情報を基に考えた、新しい毎日の食事メニューについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

成長期(生後8ヶ月まで)の食事メニュー

アルファルファは高カロリー・高たんぱく・高カルシウムな牧草なので、通常食べ放題には不向きですが、成長期は例外。

高カロリーの牧草を多めに与えても大丈夫なので、アルファルファを朝と夕方2回、残さない程度に与えました。

それ以外にはチモシーの一番刈りを食べ放題、栄養バランスの良さそうなペレットを適量、アルファルファが主原料の小粒のペレットをおやつとして少量与えました。

食事メニューの詳細

1.牧草
マルカン バニーグレードアルファルファ

マルカン バニーグレードチモシー(一番狩り)
アルファルファは残さない程度に朝と夕方2回
チモシーは食べ放題

2.ペレット(栄養補助)
イースター チンチラセレクションプロ(グルテンフリー)

量は多くても気にせず残さない程度に朝と夕方2回
3.おやつ
SANKO チンチラバランスフード(小粒ペレット)

チンチラバランスフードには乾燥野菜が混ざっています。その中の”ペレットのみ”をおやつとして少量(1日に10粒くらい)与えました。
※主原料がアルファルファだからそんなに好きなのかなぁ?と思います。これはペレットですが、うちのななおにとっては大好きなおやつです。主食のペレット(イースター・チンチラセレクションプロ)もよく食べますが、こちらは食べるときの表情が違います。

ななおは牧草が大好きなので、成長期は牧草とペレットだけで丈夫な体を作ってもらおうと思いました。

牧草のメニューはシンプルにアルファルファとチモシーの2種類のみ。

ドライフルーツなどのおやつは成長してからのお楽しみにとっておきます(^_^)

牧草と栄養補給のペレット、おやつ用のペレットの3種類だけを与えて育てましたが、予想通り、ななおの食べっぷりは大したものでした。

成長期に食欲旺盛だと安心しますね(*^o^*)

生後4ヶ月までは免疫が安定しないと聞いていたので無事に育つのか心配でしたが、元気いっぱいすくすくと成長していきました。

成長期を過ぎてからの食事メニュー

一般的に成長期とは生まれた時から体重が増え続けている間のことを言いますよね。

うちのななおについては、生後10ヶ月経ったついこの間初めて体重を測りました。

前に一度体重を測ろうとしましたが、暴れて逃げたために測れませんでした。

それで、吊り下げ式の測りを購入してキャリーケースごと測ることにしました。

毎朝お掃除のときにキャリーケースに入ってもらうので、キャリーケースに入ることには慣れています(^_^)

おやつで誘導すれば普通のデジタルスケールでも測れたかもしれませんね(^o^;)

人間が使う体重計でもキャリーケースを持ったままイケたかもしれません。

どちらも思いつきませんでした。(アホですね)

初めて測った体重は驚きの結果。



えー! 嘘だろー?

ビックリして数回測りましたが結果は同じ。

他の物を測って確認してもみましたが、測りが間違っているわけではなさそう。

500gくらいだと思っていたのに745gもありました。

立派だねー! 頼もしいねー(*^o^*)

それでも肉がたるんでいる様子はないので肥満というわけではなさそうです。

よく運動する子だから筋肉質なんでしょうか。

1日に与えるペレットの量は体重が基になるので、予想体重より重いということはペレットの量を増やしてもOK!ということです。

体重もそこそこ増えて大人の体つきになってきたこともあり、最近は与え過ぎないように注意していたので与えられる量が増えたことはいいことです。

ななお~、もっとペレット食べられるよ(^o^)

食いしん坊だから喜びそう。

ななおについては成長期はいつまでなのか?と常に考えながら過ごして、見た目でなんとなく成長が緩やかになってきたかな?というのが生まれてから8ヶ月くらいでした。

まだ体重が増える可能性はあり!ですが、成長が緩やかになったように見えた生後8ヶ月までを成長期とみなし、その時期を境にアルファルファ牧草は少し混ぜる程度の量に減らすことにしました。

ゆくゆくは減らさないといけないし、減らした分はペレットで補います。

アルファルファ牧草が大好きだったので心が痛みましたが、本人の体のためなので我慢です。

味の濃い食べ物は食べるときは美味しいのですが、食べ続けると体に良くないですよね。

長生きしてほしいので、たくさん食べても体に負担がかからないような食事メニューに変えました。

高カロリー・高たんぱくの牧草は与えすぎると肥満の原因になるだけでなく、肝臓や腎臓に負担をかけるし、高たんぱく・高カルシウムは尿路結石の原因にもなります。

そういった点から考えると、成長期を過ぎてからの牧草は低カロリー・低たんぱく・低カルシウムのものが食べ放題には適していて、アルファルファは食べ放題には不向きです。

ペレットも毎日与えるので、同時にアルファルファを与えるとたんぱく質・カルシウムの摂りすぎになってしまいます。

でも、絶対に食べさせたらいけない!ということではないので、気持ち程度はあげようかな。

アルファルファの茎をほんの少し、袋の底に溜まっている粉はふりかけ程度に混ぜるような感じです。

与える量は「ほんの少し」を守ることにします。



食べ放題にできるミックス牧草で食事を彩る

体のために大好きな味の濃いアルファルファは「ほんの少し」になったので、他に食べられる牧草はチモシーの一番狩りだけ。

それでは悲しいし楽しみがない(ToT)

そこで、他に食べ放題にできる牧草はないのか調べてみました。

チンチラが食べられる牧草について調べてみると、種類はたくさんありますが、食べ放題にできそうなものは少ないです。

食べ放題にできる牧草の条件は、低カロリー・低たんぱく・低カルシウムで糖分も少ないことです。

そうなると、オーチャードグラスが良さそうですね。

できれば他にも混ざっているミックス牧草がいい!

そして、お値段が高すぎないもの。

高級なやつは最後の手段(食欲不振時の牧草の変更)に取っておきたいんです。

ということで、ネットで探してみるといいものが見つかりました(^_^)

株式会社川井のOXBOWから出ている牧草です。

これなら食べ放題にできるし、お値段も許容範囲内。

数種類ありましたが、次の2種類が気に入りました♪

1.OXBOW ヘイブレンド(2種類のミックス牧草)

 

2.OXBOW オーガニックメドゥヘイ(4種類のミックス牧草)

「メドゥヘイ」とは初めて聞く言葉でしたが、草原の牧草のことだそうです。

daisougen

チンチラが喜びそうでワクワクしました(^_^)

 

川井(OXBOW)公式サイトの商品説明を見ていただくとわかりますが、どちらも低たんぱく・低カルシウム・高繊維のミックス牧草です。

いいですね~、こういうの(^o^)

2のオーガニックメドゥヘイには1のヘイブレンドの牧草2種類も混ざっているので、2種類購入しなくてもオーガニックメドゥヘイだけでも重宝しますね。

食べられる牧草の種類が一気に6種類に増えたので、牧草好きのななおはとても楽しそうです。



食事メニューの詳細

1.牧草
マルカン バニーグレードチモシー(一番狩り)

OXBOW ヘイブレンド(2種類のミックス牧草)
OXBOW オーガニックメドゥヘイ(4種類のミックス牧草)
どれも低たんぱく・低カルシウム・高繊維の牧草なので食べ放題。
現在はマルカンバニーグレードチモシーとOXBOWヘイブレンドかOXBOWオーガニックメドゥヘイのどちらか一方を混ぜ、それにアルファルファ(牧草)の茎を少~し入れ、袋の底に溜まったアルファルファの粉を少〜しふりかけて完成です。
アルファルファは高カロリー・高たんぱくなので気持ち程度に控え、その配分で独自のミックス牧草を作って3カ所にセットしています。
2.ペレット(栄養補助)
イースター チンチラセレクションプロ(グルテンフリー)
朝から食器に15個入れ、夕方は残っている分と合わせて25個になるように追加します。
朝、食器に入れた分は半分の7個ぐらい残っていることが多いです。
ということは、朝から夕方にかけて8個食べているので、8個+25個(夕方分)=33個
ペレット1個はおよそ0.5gあるので、0.5g×33個=16.5g
ななおの体重は745gなので、16.5÷745≒0.022
現在、体重の2.2%のペレットを与えていることになります。
ななおは運動量が多い子で、ペレットも牧草もたくさん食べるんですよね。
イースター・チンチラセレクションプロの袋に付いている説明に「与える量は体重の5%までにしてください」とありますが、それ以内には収まっています。
夜ペレットを食べるペースが速い日には私が夜寝る前に5個くらい追加で入れます。
そんな日は+5個=38個で19gとなり、体重の2.5%の量を与えたことになります。
食べるペースが速いことに気が付かず、追加しないで朝を迎えたときは、その分牧草の残りが少ないので、追加なしのほうが理想的なんでしょうか。
チンチラにおいては牧草中心の食生活に勝るものはありませんが、ななおの体重が予想を上回っていたことを考えると、ペレットは今までより多めに与えておかないと栄養不足になるのかな?なんて思ったりもしています。
ネットで調べたところ、1日に与えるペレットの量(体重に対しての割合)は飼い主さんによってまちまちです。
それは、与えているペレットの種類が違うことや、ペレットの他に与えている食べ物(おやつ)が違うことが関係しています。
栄養の摂りすぎも体に良くない!
現在与えているペレットは体重の5%が上限になっているので、上限いっぱいのペレットを与えるとしたら75個になります。
75個というのもけっこうな量ですね。
牧草があまり好きじゃない子は牧草を食べない分、ペレットを食べるとしたら、75個全部食べてしまえるのでしょうか?
それでも全部は食べきれないような気がしますけど…
3.おやつ
SANKO チンチラバランスフードのペレット(小粒ペレット)1日に13個
※乾燥野菜が混ざっていますがペレットのみを与えます
①ナチュラルペットフーズテイストプラス 大麦若葉のペレット(グルテンフリー)
➁ナチュラルペットフーズテイストプラス 小松菜のペレット(グルテンフリー)
➂ナチュラルペットフーズテイストプラス タンポポのペレット(グルテンフリー)
※①➁➂を朝に1個ずつ、夜に合わせて5個(朝夜合計8個)与えます
もっと味が濃いドライフルーツなんかをあげたらすごく喜びそう!と思いつつ、ペレット好きな子なのでどうせなら体に良さそうなものをあげよう!と思って選びました。
ただ、種類によってはたんぱく質が多めなので、あげる量には注意が必要なんですよね…
ちょっとあげすぎかな?
チンチラを飼ってすぐは、チンチラの大好物は「レーズン」だと思っていましたが、長年見てきてそれは崩れました。
実は、バナナ(ドライフルーツ)が大好きなんですよね。
お子様のななおにはまだバナナは食べさせていませんが、そのうち食べてみてもらおうと思っています。
どんな喜び方をするのか楽しみです。
4.サプリメント
小動物のサプリメントがあるんですね。
もちろん、チンチラにもいける!
つい最近知りました。
だいぶん前からあったんですね…私、かなり遅れてる(^^;)
川井・OXBOWのナチュラルサイエンスシリーズが良さそうなので試してみることにしました。
サプリの種類は数種類ありましたが、その中の消化と泌尿器を購入して、初め消化のほうを試してみることにしました。
体重ごとに適量が決められていて、745gだと1個丸々食べられるのですが、用心のために当分は1/2個にしておこうと思いました。
クッキーのような楕円形のサプリを半分に割って与えると、けっこう喜んで食べている様子。
チンチラにとってはおやつですもんね~(^o^)
「これはイケる!2種類を毎日交互に与えていこう」
と思いながら再度袋の後ろの説明書きを見たら、えーっ!?
「1才以下、妊娠中・授乳中の場合は与えないでください」
と書いてあるではありませんか。
ななおはまだ1歳になってないよ…
しかも1才以下がダメということは、2歳からしか食べられないということ?
わからなくなったので、すぐにメーカーのホームページで確認しました。
すると、袋の後ろには「1才以下、妊娠中・授乳中の場合は与えないでください」と書いてありますが、正解は「対象年齢 1歳以上」のようです。
1才以下じゃなくて、1才未満は対象外ということですね。
どちらにしても「生後1年未満は与えないようにして!」ということなので、サプリメントを与えることは、ななおが1歳になる4月30日まで延期することとなりました。
袋の後ろの説明書きの一番肝心なところを見落としていました。
ななおくん、ごめんなさい(T_T)
食べた後、体調不良になった様子がなかったのでホッとしています。
成分表を見る限りでは1歳未満でも危険というわけではなさそうなので、成長期、妊娠中、授乳中は用心のために与えないように!ということなんでしょうか?
1袋60粒入りなので、2種類を毎日交互に与えたら8ヶ月もちます。
あと1ヵ月くらい先には与えられるようになるので、賞味期限内にはどうにか消費できそうです(^_^;)
満1歳から与える予定のサプリメント↓
OXBOW ナチュラルサイエンス消化

OXBOW ナチュラルサイエンス泌尿器

ななおの体重なら1枚全部食べさせてもいいみたいなのですが、他に与えているおやつとの絡みがあるので、毎日2種類を交互に1/2個ずつ与える予定です。
(1歳になってからね!)



まとめ

牧草中心の新しい食事メニューについてお話ししてきました。

成長期は体の基礎を作る大事な時期なので、牧草とペレットだけ与えるようにしました。

牧草が大好きな子だと飼いやすいですね。

牧草をあまり食べない子の場合、牧草の種類を替えたり、他の食べものに頼ったりしないといけなくなるからです。

食べてくれる食材を探すのも飼い主の楽しみのひとつではありますが(*^_^*)

食べることは動物の楽しみのひとつなので、先々はバナナ(ドライフルーツ)も与えてみようかなと思っています。