松嶋菜々子は旦那に若返りメイクを奨められて「なつぞら」で違和感

松嶋菜々子の化粧女優

こんにちは、norikoです!

4月1日にNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」が始まり、初回視聴率は22.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と出だしは好調なようですね。

その「なつぞら」に、松嶋菜々子さん(45)がヒロインの“育ての親”役で出演しています。

松嶋さんの役柄は、戦後間もない北海道の開拓民の娘という設定なのですが、ひとりだけしっかり化粧をしていて違和感があるらしいのです。

スポンサーリンク

松嶋菜々子のプロフィール

  • 名前 松嶋菜々子(まつしまななこ)
  • 本名 野口菜々子(のぐちななこ)
  • 生年月日 1973年10月13日(2019年4月現在45歳)
  • 出身地 神奈川県横浜市
  • 身長 172㎝
  • 血液型 A型
  • 職業 女優・ファッションモデル
  • 配偶者 反町隆史(野口隆史)

最初はモデルとしてデビュー

松嶋さんは、1991年に旭化成水着マスコットガールに選ばれ、1992年(松嶋菜々子18歳)には女性ファッション誌「ViVi」の専属モデルになり第17代「旭化成せんいキャンペーンモデル」にも選ばれました。

松嶋菜々子さんは、モデルでデビューしましたね。私も松嶋さんとは同じ年代で、当時「ViVi」をたまに買っていましたが、確かに松嶋さんがたくさん載ってました!

「ViVi」の頃の松嶋さんは、とても健康的なイメージでした。旭化成水着コンテストでマスコットガールに選ばれるくらいですから、それも納得です。

女優デビュー

1992年にドラマ「社長になった若大将」で女優デビューを果たし、1995年にはバラエティ番組「とんねるずみなさんのおかげです」のコント「近未来警察072」にもナナ隊員役として出演していました。

出演作品

  • ひまわり(NHK連続テレビ小説)
  • GTO
  • 救命病棟24時
  • 魔女の条件
  • 氷の世界
  • リング(映画)
  • やまとなでしこ
  • 家政婦のミタ

松嶋さんは20代の頃、メジャー女優にステップアップし、ポスト・トレンディ女優の代表格になりました。

ドラマ「やまとなでしこ」では桜子さん役でしたが、これは私も見ていました。お嬢様の役なんですけど、松嶋さんにはお似合いの役でストーリーも面白かったです。

私も20代の清々しい年代だったので、共感しながら見ていたものです。

ドラマ「魔女の条件」では滝沢秀明さん(タッキー)と共演しましたが、ストーリーがダイナミックでしたね。松嶋さんが高校教師で滝沢さんが生徒役、そして2人が禁断の恋に堕ちるという設定でした。

このドラマも全部見ました。ドラマのストーリー的には自分と重なる部分はありませんでしたが、松嶋さん・滝沢さんという豪華キャストとなると見逃せません。

その他有名なのは、2011年10月スタートのドラマ「家政婦のミタ」ですかね。

この作品で松嶋さんが演じたのは「仕事は完璧にこなすが無表情で機械的な家政婦」ですが、平均視聴率は25.2%、最高視聴率は40.0%という驚異の高視聴率でした。

この数字は、日本のテレビドラマ史上歴代3位だそうです。

日本で松嶋さんを知らない人はほとんどいなくなりましたね。

反町隆史と結婚

松嶋さんは、2001年2月に俳優の反町隆史さんと結婚。翌日に入籍会見を行いました。

私もリアルタイムで見ましたが、松嶋さんはシンプルな白シャツで登場。スタイル抜群なので着飾らなくてもかなり華がありました。

2人は、三浦友和・山口百恵以来のビッグカップルの誕生と大きな話題になりました。

松嶋菜々子と反町隆史の馴初め

松嶋さんと反町さんの出会いはドラマ「GTO」です。

「GTO」は人気漫画を原作としたドラマで1998年7月からフジテレビで放送されました。視聴率は最終回で35.7%とこれも驚異的でした。

「GTO」の反町さん、カッコ良かったです。反町さんは以前ジャニーズ事務所に所属されていたそうですが、どうりで…イケメンなんですね。

2人の出会いは1998年ですが、交際が始まったのは1999年でした。

反町隆史には彼女がいた

実は、反町さんには交際している彼女がいました。

その彼女とは、ビーチボーイズで共演した稲森いずみさん(2019年4月現在47歳)です。

2人は相当仲が良くて交際は順調でしたが、反町さんは「GTO」で共演した松嶋さんに惚れ込んでしまいます

反町さんの気持ちは完全に松嶋さんの方に向いてしまい、松嶋さんに猛烈にアタックしたと言います。

しかし稲森さんと交際していることを知っていた松嶋さんは、「稲森さんと別れるなら付き合ってもいい」と言ったそうです。松嶋さんも、反町さんに惹かれていたんですね。

そして、反町さんはついに稲森さんに別れ話を切り出しましたが、稲森さんは諦めることができず、完全に別れるまでには1年かかったそうです。

そりゃーそうですよね。反町さんは松嶋さんに気持ちがいっているからいいですけど、稲森さんの方は気持ちの整理がすぐにできるはずはありません。

その後、稲森さんが別れる決心をし、松嶋さんとの交際がスタートしました。

この話は有名な話ですね。

反町さんと稲森さんは同棲していたという噂もありました。


広瀬すずに松嶋菜々子が忠告?

NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」のヒロイン役は広瀬すずさん(20)ですが、昨年の初顔合わせのときに松嶋さんが広瀬さんに、「台本をちゃんと読んできてね」と忠告したそうですが、

松嶋こそ台本を読み込んだのだろうか。思わずそう聞きたくなってしまうような演技だった。

日刊ゲンダイDIGITAL

厳しく突っ込まれましたね。広瀬さんに忠告したことが、「偉そうに」見えたのでしょうか?

松嶋菜々子は役になりきれていない?

「松嶋はもんぺはかまの衣装を着ていましたが、ひとりだけしっかり化粧をしていてセレブ感が漂っていました。今の渋谷区や港区にもいそうな雰囲気です。戦後間もない北海道の開拓民の娘であれば、日焼けや極寒の影響で肌がくすんだり、荒れていても不思議ではありません。スキンケア用品も今みたいに充実していなかったはずです。視聴者の中には感情移入できず、違和感を覚えている人もいるでしょう」
「マジメな性格なのかもしれませんが、松嶋は役になり切れないというか自分を捨てきれていない。11年に主演した日本テレビ系の連続ドラマ『家政婦のミタ』が大ヒットしたのは、たまたまハマリ役だったからでしょう。ここらで覚悟を決めないと、いずれ女優失格の烙印を押されてしまうことになりかねません」

芸能評論家の佐々木博之さんより

農村を舞台にした朝ドラ「ひよっこ」に出演していた木村佳乃さんやその友人役を務めた羽田美智子さんは松嶋さんに引けをとらない美人女優ですが、顔に泥だらけのメークを施して農村で暮らす明るくたくましい女性を演じきりました。

松嶋さん、メイクが役柄に合っていないということのようですね。

同じ女優さんでも、メイクのアドバイスをしやすい人としにくい人といるはずですが、松嶋さんはどちらかというと「アドバイスしにくい女優さん」なのかもしれませんね。

まとめ

4月1日にNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」が始まり、視聴率の出だしは好調なようです。

その「なつぞら」に出演している松嶋菜々子さんが、ひとりだけしっかり化粧をしていて違和感があるらしいのです。

真面目な性格が裏目に出て、松嶋さんはは役になり切れていないという印象があり、ハマリ役が来ないと役をこなせないのではないかと言われています。

松嶋さんも現在40代で、女性としてはいろいろと難しい年代です。

女性が歳を重ねると周りの目が厳しくなってきますが、若手の演技派女優さんが続々と出現するので仕方ないことです。

周りの声には少なからずとも正解が含まれていることがあると思うので、反省の心は忘れないでいたいですね。