歌手

noriko
noriko

歌手(or元歌手)の最近の話題と感想をまとめました!

歌手

misonoまで病気に?病名・症状・過密スケジュールの理由は?

10月1日に自身のSNSを通じて、体調不良のため10月以降は一部活動を制限することを発表していた歌手のmisonoさん(34)が7日、テレビ番組「ノンストップ!」に出演し病名を公開しました。 多忙なスケジュールの中で異変が起き 
歌手

安室奈美恵の沖縄への願いを叶えるプロジェクト・催し企画内容は?

2018年9月16日に引退した安室奈美恵さんの地元・沖縄への願いをかなえるプロジェクト「愛(かな)さ NAMIE いちまでぃん。」が、9月1日に沖縄でスタートしました。 このプロジェクトは、沖縄タイムス社が日本トランスオーシャ 
2019.09.11
歌手

浜崎あゆみの本「M愛すべき人がいて」に長瀬智也が登場しない理由

浜崎あゆみさん(40)と、浜崎さんの育ての親でエイベックス会長の松浦勝人さん(54)との交際を振り返る話題の小説「M 愛すべき人がいて」が8月1日に発売されました。 浜崎さんと松浦さんが交際していたことは、芸能界の人間は当時か 
歌手

ZARD坂井泉水の名言集(本)が刊行決定!掲載内容・発売日は?

2007年に亡くなったZARDの坂井泉水さん(享年40)の本が刊行されることになりました。 タイトルは、ドキュメントブック「永遠 君と僕との間に」(幻冬舎)で、10月24日に発売されます。 坂井さんは数多くの名曲を残され 
歌手

浜崎あゆみの暴露本(小説)に登場する元カレは誰?ストーリーは?

浜崎あゆみさん(40)がモデルのノンフィクション小説「M 愛すべき人がいて」が8月1日に発売されます。 著者は「中田英寿 鼓動」などで知られるノンフィクション作家の小松成美さんです。 ノンフィクション小説なので実在する人 
歌手

山口百恵のキルト本出版の理由・引退直前に出版された本の内容は?

山口百恵さん(60)が著書を出版することが発表されました。 芸能界を引退して、もう39年も経ったんですね。 今回発売される本はキルト作品集でタイトルは「時間(とき)の花束 Bouquet du temps~幸せな出逢いに 
2019.07.11
歌手

倉木麻衣は歌詞も自作?歌声以外の「すごすぎる」ところ・活躍は?

歌手の倉木麻衣さん(36)が、26日に放送された「テレ東音楽祭2019」に出演しました。 見事な歌声で多くの視聴者を魅了しましたが、それ以外の点も「すごすぎる」と注目を浴びました。 高音がとてもきれいな倉木麻衣さんの、「 
歌手

田代まさしのユーチューブデビューの理由・過去の活躍と逮捕歴は?

元タレントの田代まさしさん(62)が6月14日、自身のツイッターで、ユーチューブデビューすることを発表しました。 ユーチューブで開設する番組の名前は「ブラックマーシー」で、田代まさしさんの半生と反省を語るとのことです。  
歌手

KANA-BOON飯田祐馬が失踪?清水富美加を追って出家した?

4人組ロックバンド、KANA-BOONのベーシスト・飯田(めしだ)祐馬さん(28)が5日から音信不通となり、家族が警察に捜索願を出していることが13日、公式サイトで発表されました。 15日にはライブの予定がありましたが、中止せ 
歌手

【中森明菜の妹・明穂の訃報】明菜がお葬式に行かなかった理由は?

歌手

上原多香子は元夫TENNを忘れた?自殺理由は愛と恨みの共存!

SPEEDの上原多香子さん(36)は現在、脚本家のコウカズヤさん(41)と結婚していますが、2014年まではTENNさん(ミュージシャン)の妻でした。 元夫・TENNさんは、残念ながら2014年9月に自殺でこの世を去りました。 
2019.07.26
歌手

上原多香子の夫コウカズヤが反撃ツイートで処分?炎上の発端は何?

SPEEDの上原多香子さん(36)の夫で演出家のコウカズヤさんが、5月29日自身のツイッター上で炎上騒動について謝罪しました。 「この度、私のTwitterでの投稿で、多くの方々に不快な思いをさせてしまったことを、心よりお詫び申し 
2019.07.26
歌手

元KARAク・ハラが自殺未遂?自殺図った理由と病院搬送時の状況

こんにちは、norikoです。 2016年に解散した韓流アイドルグループ「KARA」の元メンバー、ク・ハラさん(28)が5月26日未明、自殺を図り病院に搬送されました。 意識が戻った後、関係者を通じて「いろいろなことが重なり心が 
2019.05.30
歌手

森高千里の人気の理由は短かすぎるミニスカ衣装に映える美脚だった

こんにちは、norikoです。 最近は指原莉乃さんのような、アイドルに属しながら自分で曲や歌詞を書いて歌うなどのプロデュースを手がける「セルフプロデュース型」のアイドル傾向が目立ちます。 このセルフプロデュース型のアイドルの先駆 
2019.05.21