安室奈美恵の沖縄への願いを叶えるプロジェクト・催し企画内容は?

歌手

こんにちは、norikoです。

2018年9月16日に引退した安室奈美恵さんの地元・沖縄への願いをかなえるプロジェクト「愛(かな)さ NAMIE いちまでぃん。」が、9月1日に沖縄でスタートしました。

このプロジェクトは、沖縄タイムス社が日本トランスオーシャン航空など沖縄県内に拠点を置く50社80店舗の事業所と共に行うもので、9月20日までの期間中、さまざまな催しや企画が行われます。

そこで今回は、プロジェクトの発端となった、安室奈美恵さんが引退前に抱いていた二つの願いと、プロジェクトの催し・企画の内容を調べてみました。

スポンサーリンク

引退前に抱いていた二つの願い

今回始動したプロジェクト「愛(かな)さ NAMIEいちまでぃん。」は沖縄の言葉で、訳すと「愛(かな)さNAMIE」は「WE LOVE NAMIE」、「いちまでぃん。」は「いつまでも、永遠に」という意味です。

プロジェクトの発端となった安室さんの引退前の願いは二つあったそうで、それは、「引退の日の9月16日を沖縄で過ごしたい」「私がいなくなっても、経済効果を含め、沖縄に貢献できるイベントを続けてほしい」ということでした。



沖縄の方言って難しいですね。

「愛さ」を「かなさ」と読むなんて、なんとなく…も想像できません。

「いちまでぃん」は「いつまでも」だそうですが、私の地元・熊本の方言でなら「いつまでん」とは言うかな。

それから考えると、「いちまでぃん」という表現は熊本人からすると、わからないでもないですね。

プロジェクトの催し・企画の内容

その願いをかなえる催しとして昨年9月16日に、安室さんの楽曲に合わせた音と光の花火ショー「WE LOVE NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン」が開催され、今年も同イベントが沖縄・宜野湾市で行われます

そして「愛さ NAMIE いちまでぃん。」は同イベントと連動し、安室さんの写真を使用したプロジェクトのキービジュアルや公式ロゴを沖縄・那覇市各所に掲示します。

そのほか、プロジェクトに賛同した企業・店舗ではオリジナルメニューやサービスを提供し、サポーター店舗で指定商品を購入すると、プロジェクトのオリジナルステッカーやペーパーバッグがもらえます



安室さんが昨年引退した9月16日が、「安室奈美恵の日」として制定される方向みたいですね。(2019年9月10日に認定・登録はできなかったと発表がありました)

私もステッカーやペーパーバッグがほしいです。

実はファンなので…

まとめ

2018年9月16日に引退した安室奈美恵さんの地元・沖縄への思いをかなえるプロジェクト「愛(かな)さ NAMIE いちまでぃん。」が、9月1日に沖縄でスタートし、20日まで催しが行われます。

プロジェクトの発端となった安室さんの引退前の願いは二つあったそうで、それは、「引退の日の9月16日を沖縄で過ごしたい」・「私がいなくなっても、経済効果を含め、沖縄に貢献できるイベントを続けてほしい」ということでした。

その願いをかなえる催しとして昨年9月16日に、安室さんの楽曲に合わせた音と光の花火ショー「WE LOVE NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン」が開催され、今年も同イベントが沖縄・宜野湾市で行われます

そして「愛さ NAMIE いちまでぃん。」は同イベントと連動し、安室さんの写真を使用したプロジェクトのキービジュアルや公式ロゴを沖縄・那覇市各所に掲示するほかプロジェクトに賛同した企業・店舗ではオリジナルメニューやサービスの提供があり、サポーター店舗で指定商品を購入するとプロジェクトのオリジナルステッカーやペーパーバッグがもらえる特典があります。

 

私は安室奈美恵さんが大好きで、namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ (東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ+福岡ヤフオク!ドーム公演) の初回生産限定版(特典付き)DVDを購入しました。

特典は購入するお店によっていろいろありましたが、私はコンパクトミラーが欲しかったので楽天ブックスでの購入となりました。

初回生産限定版は東京ドーム最終公演以外の公演場所が1か所選べるようになっていましたが、安室さんのピンクの衣装がとても可愛かったので、迷わず「福岡ヤフオク!ドーム公演」を選びました。

「福岡ヤフオク!ドーム公演」は特典・コンパクトミラーの色もピンクだったので、それも良かったです。

 

finaly2finaly1

 

引退してもう一年が過ぎようとしているなんて、早い!

また芸能界に戻ってきてくれるなんてことは、ないですよね…

個人的には戻ってきてくれたら、かなり喜びますけど。

安室さんの願いを叶えようとみんな一所懸命になっています。

安室さんは地元の人にとってもすごく大切な存在なんですね。