浜崎あゆみの暴露本(小説)に登場する元カレは誰?ストーリーは?

浜崎あゆみ歌手

こんにちは、norikoです。

浜崎あゆみさん(40)がモデルのノンフィクション小説「M 愛すべき人がいて」が8月1日に発売されます。

著者は「中田英寿 鼓動」などで知られるノンフィクション作家の小松成美さんです。

ノンフィクション小説なので実在する人物が実名のままで登場し、渋谷109などの具体的な場所や、生々しい会話も収められています。

「M 愛すべき人がいて」というタイトルは、浜崎あゆみさんの代表曲のタイトルと詩の一部から付けられていますね。

このタイトルから、「過去に交際していた彼氏のことが書いてあるのでは?」と想像してしまいました。

実際はどうなのかというと予想は当たっており、平成の歌姫・浜崎あゆみさんがデビューから20年間隠し続けてきた「秘められた恋」が明らかになります。

「秘められた恋」というのがかなり気になりますが、秘められた恋の相手とは、いったい誰なのでしょうか??

そこで今回は、小説のタイトルの中の「M」とは誰のことなのかと、小説のストーリーを調べてみました。

スポンサーリンク

Mとは誰のこと?

浜崎あゆみさんは小説出版にあたり、「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」という言葉を寄せています。

この言葉から、当時はMさんに、かなり入れ込んでいたことがわかります。

そのMさんですが、実はエイベックスの松浦勝人会長(54)のことで、この小説には交際していたときのことが赤裸々に描かれているそうなのです。



「身を滅ぼすほど」というのはかなりインパクトのある衝撃的な表現です。

過去に松浦勝人さんとの噂を聞いたことはありましたが、ただの噂かと思っていました。

実際に交際していたんですね。

松浦さんほどの人になると、正妻の他に彼女はたくさんいそうですが…?

小説のストーリーは?

この小説は、浜崎あゆみさんの取材をもとに1998年の歌手デビューからトップスターへ上り詰めるまでの2年間のサクセスストーリーに秘められた「出会いと別れの物語」を赤裸々に描き出したものです。

年齢をごまかして入店した六本木ヴェルファーレでの出会い、松浦勝人さんからの電話の回数を日記につけ、初めてのドライブで耳が真っ赤になるほど照れた瞬間など、気になる男性を前に右往左往する姿が描かれています。

それはとても初々しく、誰もが知る“あゆ”の意外な素顔を見ることができそうです。

華やかな芸能界での成功を夢見る一方で、小さな幸せを求めていた歌姫の実像が丹念に描かれ、交際が始まってからの“秘密”を背負いながらの疾走と、突然訪れた破局というスリリングな展開は、どこまでが事実かはわかりませんが、濃密な時間を過ごした2人という“事実”だけは明確に刻まれています。

本のタイトルになっている代表曲「M」や「Boys&Girls」などのヒット曲の歌詞が、2人の交際の中で生まれたということもわかる仕上がりとなっています。

そのほか、3~4人のグループでデビューするはずだったこと、エイベックス所属前の芸名「浜崎くるみ」が苦手だったこと、4歳から父親と会っていないことなどの秘話もまとめられています。



今年でちょうど20周年なんですね。

小説は、浜崎あゆみさんのデビュー20周年記念出版ということのようです。

もう20年も経ったんですね…(早い!)

それでも現在40歳なのでまだ若い!

これからもっと活躍できそうです。

まとめ

浜崎あゆみさん(40)がモデルのノンフィクション小説「M 愛すべき人がいて」が8月1日に発売されます。

浜崎あゆみさんは小説出版にあたり、「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」という言葉を寄せています。

小説の中に登場する「自分の身を滅ぼすほど愛した男性」とは、実はエイベックスの松浦勝人会長(54)でした。

そしてこの小説は、浜崎あゆみさんの取材をもとに1998年の歌手デビューからトップスターへ上り詰めるまでの2年間のサクセスストーリーに秘められた「出会いと別れの物語」を赤裸々に描き出したもので、著者は「中田英寿 鼓動」などで知られるノンフィクション作家の小松成美さんです。

 

登場する元カレが超大物なので読んでみたい気はします。

もう20年も前のことだから大丈夫だろう…ということで、激白に至ったのでしょうか?

「ノンフィクション小説」というと聞こえは上品な感じですが、結局は「暴露本」なんですね。