misonoまで病気に?病名・症状・過密スケジュールの理由は?

misono歌手

こんにちは、norikoです。

10月1日に自身のSNSを通じて、体調不良のため10月以降は一部活動を制限することを発表していた歌手のmisonoさん(34)が7日、テレビ番組「ノンストップ!」に出演し病名を公開しました。

多忙なスケジュールの中で異変が起きたmisonoさんは「こんな状況で休止とか言ってたらダメだって思ったんですけど、そろそろ、歌えなくなってきて…」と告白。

そこで今回は、misonoさんがテレビ番組「ノンストップ!」で公開した病名症状過密スケジュールの理由を調べてみました。

スポンサーリンク

misonoさんの病名・症状は?

テレビ番組で公開したmisonoさんの病名は、「メニエール病」でした。

メニエール病とは、激しいめまいを起こす病気の一つで難聴・耳鳴りを繰り返し、ひどい時は吐き気・嘔吐を伴います

芸能界では、過去には元タッキー&翼の今井翼さん、久保田利伸さん、ハイヒールモモコさん、美保純さん、相田翔子さん、GENKINGさん、増田恵子さんなどもメニエール病であることを公表しました。

実際にmisonoさんが苦しんでいる症状は、耳の激痛・起きたときのめまい・手や口の震えだそうです。



つらそうな症状ですね…

起きてすぐにめまいがあるなら、めまいが治まるまで待たなくてはなりません。

耳が痛いのもすごく辛いですよね。

私も子供の頃によく耳が痛くなっていたのでわかりますが、耳の痛みは本当に苦痛です。

これがまた、我慢できない痛みなんですよ。

活動休止じゃなくて、活動制限というところが立派です。

misonoさんの過密スケジュールの理由

misonoさんは最近、過密スケジュールをこなしていました。

その理由について、次のように語っています。

お金を稼ぐということが、妻としてやるべきこと。2人で一緒にいる時間を作ったら(クリニックでの)免疫治療が(金銭面で)受けられないというか…妻としての役目の方は?って言う人も出てくるかもしれないですけど、今のmisonoとNosukeの愛の形夫婦のあり方は、一回、仕事もプライベートも別にして、お金をきちんと貯める。」

 

misonoとnosuke

実は夫のNosukeさんは、「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のため闘病しています。

そのNosukeさんを支えるためには、お金を稼がなければならなかったのです。



misonoさんもメニエール病を発症してしまうなんて、なんとも過酷ですね。

相当疲れが溜まっているのは間違いなさそうです。

まとめ

10月1日に自身のSNSを通じて、体調不良のため10月以降は一部活動を制限することを発表していた歌手のmisonoさん(34)が7日、テレビ番組「ノンストップ!」に出演し病名を公開しました。

misonoさんが公開した病名は「メニエール病」で、耳の激痛・起きたときのめまい・手や口の震えなどの症状があるそうです。

そして、病名を公表したmisonoさんが過密スケジュールをこなしていた理由は、「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のため闘病している夫・Nosukeさんには免疫治療が必要で、お金がないと治療を受けられないからでした。

 

misonoさん、旦那さんのためにすごく尽くされているんですね…

いつどんな病気になるかわからないので、日々を大切に過ごしていくことが大切だとつくづく感じました。