チンチラ(小動物)の赤い目の子はどうして赤?色合いはひとつ?

beige-ramuneチンチラの飼い方
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、norikoです。

チンチラには黒い目の子と赤い目の子がいます。

うちにも黒目の子と赤目の子が1匹ずついますが、目の色が違うと雰囲気もガラッと変わります。

赤目は好みが分かれると聞きます。

ネズミっぽいからでしょうか…?

私は実際に赤目の子を飼っていて、気持ちが入っているせいもありますが、赤目は大好き!

すごく美しい。

私にとって赤目のラムは憧れの女性なんですよね(*^_^*)

チンチラ大好きなので、チンチラのことをもっといろいろ知りたくなり、知らなかったことを勉強しているところです。

人って好きなものは極めたくなりますよね?

今日は目の色についてお話ししようと思います。

チンチラの赤い目というのは、何がそうさせているのか、また、赤目の色合いにはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

どうして赤い目?

チンチラの赤目の子はベージュの遺伝子(PW)を持っています

ベージュのチンチラはヘテロ接合型(PW-pw / pw-pw)とホモ接合型(PW-pw / PW-pw)の2種類います。

見た目なんですけども、ホモベージュはヘテロベージュに比べると白っぽい薄いベージュです。

ベージュは一般的に”シナモン”と呼ばれます。

赤目の色合いはひとつだけ?

赤い目になる理由はベージュの遺伝子(PW)を持っているからでした。

次は赤の色合いについてです。

赤目の色合いはひとつではなく濃い赤(ルビー)とピンクに近い赤(ロゼ)があります

たまに、瞳の中に赤の模様が斑点状に現れることも…!

実際に斑点状の模様になった目の写真を見ましたが、これは本当に珍しいですね。

何によって濃い赤とロゼに分かれるのでしょうか?

それはベージュの遺伝子(PW)の数です。

ヘテロ接合型のベージュは遺伝子の中にベージュ遺伝子をひとつ、ホモ接合型のベージュはベージュ遺伝子を2つ持っています。

ヘテロベージュの遺伝子コード:PW-pw / pw-pw(ベージュの遺伝子はひとつ)
ホモベージュの遺伝子コード:PW-pw / PW-pw(ベージュの遺伝子はふたつ)
それが赤目の色合いに出てきます。
 
 

homo-beige

ベージュの遺伝子(WP)について勉強していくうちに、ベージュの遺伝子を二つ持っている子は本当に色素が薄いんだな…と感じました。

ホワイトのほうが色素が薄いのかと思いますよね?

しかし、ベージュの遺伝子を持っていないホワイトのチンチラは目の色が黒で耳の色はグレー。

それに比べてベージュの遺伝子を二つ持ったホモベージュやピンクホワイトは赤目だし、耳の色はピンクです。

色素が薄いチンチラの誕生にはベージュ遺伝子(PW)が係わっているみたいですね。

ホワイトの遺伝子は二つになると致死遺伝子になるので、ホワイトの遺伝子を二つ持った子は存在しません。

ホワイトの遺伝子が二つで存在できるなら、ホモベージュの子よりも色素が薄い子になるかもしれませんね。

目の色合いの話に戻りますが、ヘテロベージュは濃い赤(ルビー)、ホモベージュはピンクに近い赤(ロゼ)になります。

濃い赤目の方はパッと見黒に見えますが、フラッシュをたいて写真を撮ると赤目がわかりやすいそうです。

確かに、よく見ないと赤だとはわからないことが多いんですよね。

一方、ロゼはわかりやすいし、目の中の虹彩も見えちゃいます(*^_^*)

こんな感じです。↓

ramune-eyes

それで疑問が湧きました。

目がロゼのチンチラは、世界がどう見えているのか…?

黒目のチンチラや私達と同じようには見えていないような気がします。

もっと明るい世界に見えているかも^_^

しかし、どんなふうに見えているかは、確認のしようがない(^_^;)

ただ、初めから色素が薄い目なので、白内障なんかにはなりやすいかもしれないですね。

白内障になると、ロゼからさらに薄いピンクになっていきます。

うちの子がそうなったので、白内障になっている線が強いです。

それでも、音は聞こえるし勘がいいので日常生活にはあまり差し支えはないようです。

それでも不自由のないように、できる限りサポートしていきたいと思います!



おまけ

チンチラの赤ちゃんが!

新型コロナウイルスの感染問題はまだまだ終息の気配を見せませんが、緊急事態宣言が解除されたこともあり、久しぶりに近くのホームセンターに行ってみることにしました。

人が少ない時間帯を見計らって、ペットコーナーを見ようかなぁ…と思って。

新しい子をお迎えするつもりは全然なく、見るだけの訪問です。

チンチラ大好きな私のお目当てはもちろんチンチラなんですけど、こんな時期にはいなさそうですよね。

チンチラじゃなくてもペットは全て癒しの存在なので、贅沢は言わない!

そんな感じでいざ行ってみると、いないと思っていたチンチラがいました^_^

すごく黒っぽい色で美しいスタンダードグレー。

色合いはエクストラダーク?じゃないかと思います。

その子は生後6カ月。

新しい子をお迎えする気はもともとなかったし、次にもし飼うなら、またラムと同じホモベージュか、ラムよりも少し濃い色合いのヘテロベージュがいいなぁ…と思っていました。

見れただけでも良かった!

と思った矢先、スタンダードグレーの子のケージの隣に水槽型の小さめのケージが置いてあるのを見つけました。

ハウスの中を覗いてみると、チンチラ…?

すごく小さい。まだ赤ちゃん(*^o^*)のシナモン。

色は私が飼ってみたいと思っていたシナモン(ヘテロベージュ)でした。

この子は売り物?

ケージには値段が貼ってありません。

店員さんにその子のことを尋ねてみました。

生後1カ月で昨日ショップに来たばかりの男の子、国内ブリーダーさんの家で生まれたとのこと。

ショップに来たら2~3日は様子を見ることになっているそうで、様子見が終わって大丈夫そうだったら値段を提示するそうです。

その子はまだ赤ちゃんでしたが、とても健康そう。

目の前で牧草をバリバリと食べる姿が何とも頼もしい。

ああ…、気になっていたシナモンの子が目の前にいて、しかも赤ちゃん(*^o^*)

生後1カ月のチンチラの赤ちゃんがペットショップいるなんて珍しい…。

予想外にシナモンの赤ちゃんに出会ってしまったのです。

どうしよう…(汗)

お迎えするならすぐに予約しておかないと、次に来た時には間に合わないかもしれません。

チンチラって、最近すごく人気がありますよね?

少し考えましたがその結果、お迎えすることに決めました。

予約を入れて、チンチラの個体になにか変調があったときだけ連絡を入れてもらうようにお願いして、その日は自宅に戻りました。



新しい子をお迎え

一週間後の6月6日にシナモンの子を迎えに行きました。

お世話している店員さんの話では、お世話するときに手に寄って来て乘ることもあるので、飼いやすいのではないかということでした。

個体の性格によっては、こちらの思うように抱っこしたりはできないので、そのあたりはあまり期待し過ぎずに、自然に任せて無理強いしないように気を付けたいと思います。

名前は”ななお”にしました。

ななお(2020年4月30日生まれ)

hetero-beige

nanao

ななおはヘテロベージュ(シナモン)の子なので目は赤色のはずなのですが、パッと見は黒に見えます。

まだ慣れていないので、触らないようにしていますが、ちょろちょろと遊んでいるところに近づいてよく見ると、目の色は赤色(ルビー)で間違いないようです。

シナモンの毛色って真っ白ではないけど、自然な薄い色合いが超癒し系なんですよね(*^_^*)

そして薄い色合いの子は、写真写りがいい。

目はどちらかというと小さめかなぁ。

ペットショップで見た通り、よく食べるし、よく動きます。

牧草が大好きなようなので実に頼もしい!

チモシーは食べ放題、ペレットとアルファルファは体重に合った量をあげようと思います。

離乳が早かったので、病気が心配なんですよね…

まずは、病気をしないで成長してくれることを祈るのみです。

生後1カ月でお母さんと離されてしまって寂しいと思うけど、これからは私がお母さんの代わりになるように頑張ろうと思うので、ななおくんよろしくお願いします。

まとめ

チンチラには赤目の子と黒目の子がいます。

遺伝子の中にベージュの遺伝子(PW)を持っている子は赤目になるようです^_^

黒目でも赤目でも、飼っている子の可愛さには全く関係ないのですが、ベージュ遺伝子(PW)って不思議ですね。

個人的にベージュの遺伝子(PW)にはすごく興味があります。

機会があったらヘテロベージュ(ヘテロ接合型のシナモン)のチンチラも飼ってみたいなぁ(*^_^*)

なんて思っていたら突然出会いました。

チンチラ以外の動物も、ベージュ遺伝子(PW)を持っている子は赤目なのかもしれませんね。