【ベッキー・ゲス不倫から3年】禊済ませたのにバッシング多い理由

ベッキーバッシング継続タレント

こんにちは、norikoです!

タレントのベッキーさん(35)は、2月に読売ジャイアンツの2軍内野守備走塁コーチ・片岡治大さん(36)との結婚を発表しました。(おめでとうございます!)

「週刊文春」にスクープされた川谷絵音(30)さんとの秘められた熱愛、通称“ゲス不倫”から3年が経ち、禊も済ませてやっと幸せを手に入れたかと思われましたが、実際にはまだまだ世間の風は厳しいようです。

世間の風が厳しいと感じられるのは、どんなときなんでしょうか?

スポンサーリンク

テレビ出演での風当たり

抗議の電話

ベッキーさんが自身のSNSで結婚を発表する直前に、『ヒルナンデス!』と『行列のできる法律相談所』(ともに日本テレビ)に出演しましたが、日テレに多数の抗議電話があったそうです。

ゲス不倫から3年が経過し、本人も事務所スタッフも『もう禊は済んだ』という認識でのキャスティングだったようですが、世間の風はまだ厳しいようです。

ネット民が総バッシング

ベッキーさんが先日『ノンストップ!』(フジテレビ)に出演した際、『新元号を予想する』というコーナー企画で彼女は『広心』と発表しましたが、これにネット民が総バッシングでした。

『お前の悪行は広い心でも忘れ去られることはない』とか、『旦那が不倫しても広い心で許してくれることだろう』と、揚げ足を取られまくる始末です。

本人も反省していて、結婚も決まったのでそろそろ許してあげて欲しいものですが、ゲス不倫発覚後に川谷絵音さんは離婚しているので、そう簡単にはいかないのでしょうね。

ベッキーの禊

ベッキーさんはゲス不倫が報道されて以降、たくさんあったレギュラー番組を全て降板しました。

当時10本あったCMの違約金など4億円を自ら支払ったとも言われています。

あれから3年、大きな代償を払い、禊を済ませたとも言えますが、1度イメージを損なうと復帰はすごく難しいようですね。

テレビで毎日のように見ていたベッキーのさんの姿がなんか懐かしく思えてきます。


異常にバッシングが継続する理由

いつも明るく元気で爽やかなイメージで、視聴者からの高い好感度をタレントパワーに変えて活躍してきたわけですから、『不倫』という行為に対する激しい反発がいまだにあるのは仕方ありません。ただ、ここまでバッシングが継続するのはやや異常とも言えるでしょう。今はネット社会が肥大してしまい、常にバッシングのターゲットを探している状態。その点において彼女は不運だったと思います。しかし、裏を返せばそれだけ彼女に好意を寄せ、応援していた人が多かったという証拠。もう一度、たくさんの人たちからの支持を得られるかは彼女次第ですが、思い切って芸名である『ベッキー』を捨て、本名の『レベッカ・レイボーン』として活動するのも一つの打開策でしょう。場の空気を読み、人の機微をうかがい、ピンポイントで効果的なコメントをズバッと言い放つ、良い意味での“いやらしさ”が彼女の持ち味のひとつでした。テレビという過酷な世界でたくましく生きる彼女の姿を再び見たいと思っている人は多いかもしれません

TVウオッチャーの中村裕一さんより

私もその通りだと思います。

異常にバッシングが継続する理由は、「それだけ彼女に好意を寄せ、応援していた人が多かった」ということです。その分、裏切られたという気持ちが大きいのは事実です。

それだけの地位を自分で築き上げたからには、もっと自覚が必要でしたね。そこまでになれたのは、周りの人の助けがあったからこそです。

まとめ

通称“ゲス不倫”から3年が経ち、禊も済ませてやっと幸せを手に入れたかと思われましたが、ベッキーさんにはまだまだバッシングが継続しています。

人は不信感を持っている相手の言うことは、すぐに揚げ足を取ろうとする習性があります。

不倫は、時として相手の家族を巻き込んで不幸にしてしまうので、禊を済ませたとしても世間の風は厳しいでしょう。

人間は誰でも完璧じゃないので過ちも犯すんですけどね。

ベッキーさんには、バッシングにめげずに頑張っていって欲しいです。