磯野貴理子と元夫は現在同居?出て行かないつもり?出入りを許す訳

磯野貴理子タレント

こんにちは、norikoです。

磯野貴理子さん(55)は、2012年に24歳年下の男性・Tさんと再婚していましたが、残念なことに今年の5月19日、離婚を発表しました。

5月末に大ファンである東京ヤクルトスワローズの始球式に参加しましたが、オファーがきたのは直前だったそうです。

それでも「絶対やらせて!」と引き受けたのは、”好きなことをしている間だけは離婚のつらさを忘れられる”という思いがあったからでした。

そして、離婚後はバラエティ番組にはほとんど出演していませんが、それは元夫に批判が集中するのを避けるためらしいです。

離婚を切り出したのは元夫・Tさんですが、Tさんは離婚後3週間経った現在も磯野貴理子さんの自宅マンションに出入りしており、駐車場には自分の車を止めているという噂です。

どうして出て行かないのでしょうか?また、引っ越す気はあるのでしょうか?

Tさんは、これからもずっと出て行かないつもりでいるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

離婚しても同居?

離婚後も同居していることについて夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんは、

「全国でどのくらいあるかは不明ですが、こうした事例は非常にまれです。ほとんどの夫婦は離婚する前にまず別居を選択します。私は今までに約8千人の離婚相談を受けてきましたが、そのなかで離婚後すぐに家を出て行かず、一定期間夫婦で一緒に暮らしていたケースは400件ぐらいしかありません。

そうですよね…普通、離婚したら別々に住みますよね。

しかも、離婚を切り出したのはTさんの方なので、常識から考えて出て行くべきでしょう。

どうして同居しているのでしょうか?不思議ですね。



すぐに出て行かない理由は?

前出の高草木さんが考える出て行かない理由は、単純にお金がなかったり、引っ越し先が決まらないといった現実的な問題です。

しかし、大抵の人は、パートナーに離婚を切り出す前に下準備をしているのが普通で、そういう意味でTさんは、磯野貴理子さんの優しさに甘えている部分がありそうです。

離婚してくれと言われた方は、ただでさえ気持ちの整理がつかないのに、離婚後も同居だと、いつまでも吹っ切れないですよね。

思いやりが足りない感じがしました。

磯野貴理子さんが「自宅出入り」を許す理由

芸能関係者の話によると、磯野貴理子さんがTさんの自宅出入りを許す理由は次の通りです。

  • 離婚はTさんから切り出されたため、当然Tさんにまだ気持ちが残っている
  • Tさんは、2014年に磯野貴理子さんが脳梗塞で倒れた際の「命の恩人」である

Tさんは、緊急入院以来、磯野貴理子さんの事務所との連絡、仕事関係の人とのやりとりを全部1人でしてくれたので、磯野貴理子さんは本当に感謝しているそうです。

気持ちはまだ残っているわ、命の恩人として感謝しているわで複雑な心境ですが、磯野貴理子さん側から自宅出入りをさせないようにすることはできそうにないですね。



ずっと出て行かないつもり?

これまでの関係者の話だけだと、Tさんはこのままずっと磯野貴理子さんの自宅マンションから「出て行かないのではないか」と心配してしまいますよね。

Tさんの知人の話では、

最近は心を入れ替えて、バーの経営に力を入れているようです。必死に切り盛りしたかいもあって、お客さんも徐々に増えてきていると聞いています。『いつまでも磯野さんの好意に甘えて迷惑をかけるわけにはいかない。早く独り立ちしなければ』という彼なりの思いがあるのでしょうね。近いうちに磯野さんのマンションからも離れると決めているそうですよ。」

ずっとこのまま出て行かないつもりでは、ないみたいですね。

「今まではバーの経営は適当だった」ようにも聞こえますが、先のこともちゃんと考えているようなので、少し安心しました。

まとめ

磯野貴理子さん(55)は、2012年に24歳年下の男性・Tさんと再婚していましたが、残念なことに今年の5月19日、離婚を発表しました。

離婚を切り出したのは元夫・Tさんですが、Tさんは離婚後3週間経った現在も磯野貴理子さんの自宅マンションに出入りしており、駐車場には自分の車を止めているという噂です。

今の状態を見ると、このままずっと出て行かないつもりなのではないか?と思ってしまいますが、Tさんの知人の話では、Tさんには「いつまでも磯野さんの好意に甘えて迷惑をかけるわけにはいかない。早く独り立ちしなければ」という思いがあり、「最近は心を入れ替えてバーの経営に力を入れている」ということでした。

このことから、Tさんは磯野貴理子さんのマンションから、「早めに出て行かなければならない」とは思っているようです。

磯野貴理子さんは、どんな気持ちなのでしょうか?

早く出て行って欲しいのか、出て行って欲しくないのか…。