木村拓哉とテレビ局が喜ぶ・抱かれたくない男ランクインの理由は?

木村拓哉歓喜アイドル

こんにちは、norikoです。

最近は叩かれることも多くなった木村拓哉さん(46)ですが、持って生まれたスター性は相変わらず健在です。

週刊女性(8月20・27日合併号)の「1414人が選んだ抱かれたい男グランプリ」で木村さんは、「抱かれたい男」・「抱かれたくない男」・「抱かれたいジャニーズ」・「抱かれたくないジャニーズ」の4項目すべてでトップ10入りしています。

この状況は「4冠」ですが、達成しているのは木村さんだけです。

「抱かれたい男」では、人気急上昇中の若手俳優・吉沢亮さん(25)と並んで9位にランクインしており、一方の「抱かれたくない男」では6位でした。

また、対象をジャニーズ事務所に限定した「抱かれたいジャニーズ」では、惜しくも山下智久さん(34)に敗れはしたものの2位で、「抱かれたくないジャニーズ」では、なんと堂々たる1位に輝いてしまいました。

「抱かれたい男」と「抱かれたくない男」というのは正反対ですが、どちらにもランクインするというのは、世間一般から木村さんを見る目がまさに賛否両論だということの現れです。

しかし、「抱かれたくない男」にランクインしたのにもかかわらず、本人もテレビ局も喜んでいるらしいのです。

喜んでいる…どうして??

そこで今回は、木村さんが「抱かれたくない男」にランクインしたのに本人とテレビ局が喜んでいる理由と、「抱かれたくない男」にランクインしてしまった理由を調べてみました。

スポンサーリンク

「抱かれたくない男」にランクインしたのに喜んでいる理由

木村さんは「抱かれたくない」の1位に選ばれても、全然気にしていません。

気にするどころか、喜んでいる(好ましいと思っている)らしいのです。

芸能人が最も恐れるのは、スルーされ、話題にすらならなくなることでで、「懐かしい」・「そんな人、いた?」と言われたら、もうおしまいです。

そういう意味では、今回の結果は木村さんにとって決して悪くないどころか、むしろ好ましいでしょうね。

ファンもアンチもまだまだ大勢いて、「芸能界にキムタクあり!」という存在感を示すことにもなりました。

「話題にならなくなるよりはマシ」ということなのです。

木村さんは、10月から始まるTBS系の日曜劇場(タイトル未定)で主演を務めることが決まっています。

フランス料理の天才シェフを演じるようですが、今回の結果にテレビ局関係者は意外と喜んでいるそうです。

「嫌よ嫌よも好きのうち…」ではありませんが、実はアンチの方が「あら探しをしてやろう」・「叩いてやろう」などと待ち構えており、熱心にドラマを見たりするのです。

要するに木村さんは、以前ほどではないにせよ、視聴率の面では今だに高い数字を持っており、それはファンとアンチ両方のおかげとも言えます。

日曜劇場の全話平均視聴率は、このところ10%台前半で推移していますが、木村さんの場合は15%超えぐらいは期待されているようです。



そうですね…

芸能界でやって行こうと思うなら、聞こえの良くない項目にランクインしても、それをプラス思考でチャンスに変えるくらいの気合が欲しいものです。

さすが木村さん!

「抱かれたくない男」にランクインしてしまった理由

聞こえの良くない項目にランクインしてしてしまったことをチャンスに変える思考はさすがなのですが、どうして「抱かれたくない男」のジャニーズ部門で1位になってしまったのでしょうか?

「抱かれたくない」にランクインしているのは、やはり、妻である工藤静香さんの影響が大きいようです。

工藤さんは昨年9月の週刊文春「嫌いな女」アンケ―トで1位に輝いていますし、SMAP解散騒動以来、一挙手一投足が注目を浴びるようになってしまいました。

それに加えて、娘のKokiさんのゴリ押しの件もありますし…

実際、今回の「抱かれたくない」のアンケートでは、「工藤静香と一緒は嫌」なんて回答もあったそうです。



工藤さんの影響が大きいみたいですね。

「工藤静香と一緒は嫌」とは奥が深い回答ですが、どういう意味なのでしょうか?

考え出すと、わからなくなっていきます。(笑)

まとめ

週刊女性(8月20・27日合併号)の「1414人が選んだ抱かれたい男グランプリ」で、キムタクは「抱かれたい男」・「抱かれたくない男」・「抱かれたいジャニーズ」・「抱かれたくないジャニーズ」の4項目すべてでトップ10入りしています。

この状況は「4冠」ですが、達成しているのは木村さんだけです。

「抱かれたくない男」にランクインしたのに木村さんとテレビ局が喜んでいる理由は、ランクインしたことにより、ファンもアンチもまだまだ大勢いて、「芸能界にキムタクあり!」という存在感を示すことにもなり、アンチの方が「あら探しをしてやろう」・「叩いてやろう」などと待ち構えており、熱心にドラマを見る傾向があるため、10月に放送予定の日曜劇場で高視聴率を獲得できそうからでした。

そして、「抱かれたくない男」にランクインしてしまった理由は、昨年9月の週刊文春「嫌いな女」アンケ―トで1位に輝いている工藤静香さん影響しているからでした。

 

木村さんの存在感は本当に偉大ですよね。

なんとも言えない雰囲気を持っていると思います。

しかし、イメージが自分だけでなく配偶者が誰であるかにも大きく左右されるというのは困ったものですね。