在宅ワークは内職市場がおすすめな理由は?本登録して仕事してみた

テキストライティングおすすめ!

こんにちは、norikoです。

空いている好きな時間に自宅のパソコンを使ってできる仕事に憧れていました。パソコンが使える人なら興味があるのではないかと思います。在宅ワークなら、極端に言えば寝起きの姿のままでも仕事ができてしまいます。それってすごく便利ですよね。

以前から在宅ワークに興味があったので、ネットでいろいろ検索して会員登録はしていました。ですが、実際仕事に応募してもなかなか決まらないんですよね。ひとつの仕事に対して応募する人が多く、選考に落ちてしまうからです。

何度か応募しましたが、仕事が決まったことはありませんでした。そんな状態で何となく、在宅ワークからは遠のいてしまいます。今までに、それを2、3回は繰り返しました。

私は現在企業で事務の仕事をしていて、仕事がないわけではないのですが、仕事がちゃんと取れる在宅ワークがひとつでもあると、何かの理由で仕事を辞めたときのつなぎにもなってためになります。それで、久しぶりにまた在宅ワークをネットで検索してみました。

すると、今までに見たことがなかった内職市場という内職専門店を見つけました。公式サイトを見ると登録や仕事の流れが詳しく書いてあり、とても魅力的でした。私は内職市場に登録したくなりました。

現在は内職市場に無事登録することができて、たまに仕事をまわしてもらっています。もっとパソコンの内職をしたいのですが、あまり時間がありません。時間がないと言っても夜中寝る時間はあるのでその時間を使えば仕事はできるのですが…今はそれはしていません。

何が言いたいかというと、寝る時間を割いてでも稼ぐ必要があるときには24時間ぶっ続けでも仕事ができるということです。あくまでも内職なので、外に出て人と関わりながらする仕事の対価のようにはいきませんが、時間があって数をこなすことができれば実になります。

スポンサーリンク

内職市場のシステム

内職市場の仕事には自宅で軽作業、店舗内で軽作業、自宅でパソコン作業、外出してフィールド作業の四種類があります。その中の軽作業(手作業)の仕事をしたい場合は近くの店舗まで行き説明会に出席して面談、登録、本人確認を経て仕事開始となります。

また、自宅でパソコン作業をしたい場合は愛知県の春日井本店まで行って登録会に参加して仕事開始、愛知県まで行けない人は内職市場から出題されるテストを受け、合格できれば本登録となり仕事の応募ができるようになります。

本社の登録会に行けない場合はテストがある

私が住んでいるのは熊本で、愛知県まで行くのは無理だったのでメールに添付してきたテストを受けて合格をもらってから本登録になりました。その時のテストはキーワード指定のある最低文字数が決められた文章の作成でした。

本心を言うと、テストなんて受けるのは面倒だな~とも思いましたが、本登録にならないとどんな仕事があるのかもわからないし、仕事の内容自体にも興味があったので頑張ってみることにしました。

テキストライティングの仕事がメイン

愛知県の春日井本店まで行って本登録をしたデジタル作業の内職さんは本人確認がしっかり取れるため、デジタル作業全般の仕事が可能ですがそれ以外はテキストライティングの仕事がメインになります。私は登録しに本店には行っていないのでテキストライティングがメインのデジタル作業内職さんになります。

テキストライティングの仕事とはその名の通りですが、具体的にはお店の紹介記事の作成やキーワードに沿った作文、企業の問い合わせフォームURLの検索などがありました。



仕事の募集が多い

本登録は昨年の10月くらいだったと思いますが、登録してからはけっこう仕事の募集が来ています。

仕事の募集メールはデジタル作業の内職さん宛てに一斉に送信されるので、仕事に応募するときは”作業希望します!”というメールを返信します。自分がチームに入れてもらえると決定メールが来て、仕事開始となります。

今までの流れからすると”仕事希望します!”と申し込んだら半分以上の確率で仕事をまわしてもらえます。他の内職のサイトにも登録していますが、仕事をしたいと思っても優秀な人に取られてしまってなかなか仕事をまわしてもらえないので、その点から考えると内職市場に登録したのは正解でした。

仕事の単価については、1件〇円と決められていて、仕事募集のメールに細かく記載があり仕事内容によってまちまちです。細かく書きたいのですが、仕事の内容や単価は公表すると規約違反になるのでこれくらいにしておきます。

あと、仕事を受けたときに気を付けておかないといけないことは、受けた以上必ずやり遂げて納品するということです。そうしないと最後には登録解除になるでしょう。

報酬は口座に振り込まれる

最後に、誰もが一番気になる報酬の支払いについてですが、これは本登録の際に振り込み口座を指定してありますのでそこに振り込まれます。今までに何度も仕事を受けていますが報酬は確実に入金されています。

内職で稼ぐには時間が必要

仕事をして報酬をもらうことは会社に勤めても内職でも同じことですが、外で働くときには少なからずとも人と関わることが必要になります。それがあって、妥当な時給がもらえるのではないかと私は思っています。

内職は仕事する時間や場所、格好などが自由で人と関わることもありません。その分仕事の単価が低いのも現実です。内職の内容にもよるので一概には言えませんが、内職で普通に稼ごうと思ったら会社に勤める時間の倍以上は費やさないと無理なのではないかと思います。

とはいうものの、仕事なので頑張るほど報酬がは増えていきます。



まとめ

  1. 自宅でパソコンを使って好きな時間にできる仕事に憧れて探した結果、内職市場という内職専門店を見つけました。内職市場の仕事には軽作業(手作業)とデジタル作業があります。好きな時間に仕事ができるので、とても便利です。
  2. 内職市場の仕事をしたいときにはまず本登録が必要です。軽作業(手作業)は最寄りの営業所まで行って本登録となり、デジタル作業は本社で本登録するか本社まで行けない人はテストがあり合格すれば本登録となります。
  3. 本登録が完了するとメールで仕事の募集が来ます。時期によって変動はあるものの、意外とたくさん来ます。応募すると高確率で仕事が取れるのでおススメです。
  4. 仕事の報酬は登録しておいた口座に振り込まれます。振り込みの日が決まっていて、今までに受けた仕事の報酬は確実に振り込まれていました。
  5. 内職で稼ごうと思えば時間はかかりますが、ひとりでもくもくと作業ができるし、頑張っただけ確実に報酬がもらえるのでやりがいはあります。