チンチラの温度対策に必要なエアコン・温湿度計と補助器具の使い方

チンチラの温度対策チンチラの飼い方
この記事は約11分で読めます。

一目散に走るラム

ペットショップや通販のショップでチンチラを見ると、すごく可愛くて、飼ってみたいなぁと思うことはありませんか?

そんなときに考えるのが、温度管理は上手くできるのかな?ということではないでしょうか。

チンチラは暑さにも寒さにも弱い動物です。

日本でチンチラを飼うにはどのような温度管理をすればいいのか、これから詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

温度管理が難しい?

チンチラは温度管理が難しいといわれています。

エアコンと温湿度計があることは絶対条件ですが、その日の温度次第でこまめにに窓を開けて通風したり、エアコンのタイマーをセットして出かけたり、チンチラの気持ちを考えて温度調節することが必要です。

チンチラを飼い始めた当時から共働きで昼間は家を空けることが多かったため、エアコンのタイマー設定はその日の時間ごとの気温を考えながら慎重に行い、外出先から室温をチェックするためネットワークカメラも設置しました。

暗視カメラに映るラム

うちで使っているネットワークカメラはTenvisというメーカーのもので100万画素です。2年くらい前に6,980円で購入しました。現在は200万画素のものが9,000円くらいで手に入るようです。以前はネットワークカメラは安くても1万円以上はしていましたし、パン・チルト機能付きならもっとしました。

外出先から家の中の映像がリアルタイムで見られるのは、ペットを飼っている人にはとても便利なことです。

チンチラは人間とは違う”ねずみ”で温度管理が難しいと言われてはいますが、”暑い寒い”の感覚は人間と極端に違うわけではありません。

ネットでチンチラに最適な温度を調べると、20℃〜22℃くらいで掲載されていて、湿度も高いのは苦手とされています。

それなら、20℃まで冷やせばチンチラは快適なのか…?

答えは のぉ〜!

実際、エアコンを使わなくて良い季節の20℃と、冷房を使っての20℃は冷え方が違います。

エアコンの冷房で20℃まで冷やすのは”冷やしすぎ”となり、長時間その中にいるとチンチラの体が冷えてしまいます。

私が留守中の冷房の冷え過ぎ対策に、夏でもリバーシブルヒーター(ハウスの中に敷いています)のスイッチをオンにする日があるのですが、うちの子は喜んでいるようです。

帰宅すると、まんまと入ってるんですよ(^o^)

“温度管理が難しい”と言われるのは、年間を通してエアコンが必要な時期が多いからなのかもしれませんね。

暑さにも寒さにも弱いチンチラなので大変世話は焼けますが、それも可愛いところです。

私が住んでいるのは熊本です。熊本というところは、夏はすごく暑く、冬は(意外に)すごく寒いです。南方なので冬も暖かいほうだと思われがちですが、冬はすごく寒い…!

チンチラにとってはあまり適した環境とはいえないでしょう。

それでもうちの二匹は頑張っています。うちが好きでずっと遊べると思っています。

できるだけ長く一緒に過ごせるように、温度管理には細心の注意を払っています。

チンチラの適温

チンチラを飼育してきた結果、適温と思われるのは21℃~23℃で、快適な温度では活発に動きまわります

24℃からは暑いのですが、湿度が50%以下なら25℃代まではなんとか大丈夫です。(エアコンの異常で25℃になってしまったときの話です)

しかし、25℃では動かずじっとしており、チンチラの体に負担がかかっていると思われるので、25℃にはならないように管理します。

夏の温度管理ではエアコンは付けっぱなしのことが多く、チンチラが暑いと思う温度になることはめったにありません。

あるとしたら、自動でエアコンのファンが止まって、またファンが回り出す間か、エアコンに異常が発生しているときくらいです。



夏の温度管理

エアコン・ヒーターで温度管理

チンチラは、暑さにも寒さにも弱い動物です。

熊本の夏の最高気温は36℃くらいですが、エアコンを付けないとしたらチンチラにとっては耐えらない気温です。

平日は仕事に行くので朝からその日の時間ごとの気温を確認し、それに合わせてエアコンの冷房のタイマーをセットします。

だいたい、外気温25℃を目安にエアコンを入れますが、うちでの設定温度は26℃が多く、25℃にすることは稀です。

25℃にすると一番暑くなる時間帯に冷えすぎてしまいます。

設定温度が26℃だと電気代も高くならないので助かります。

しかし、これは設置しているエアコンや部屋の広さなどにもよりますので、研究して最適な設定温度を見付けてくださいね^_^

チンチラのケージは二階に置いていますが、二階は一階よりも熱がこもりやすく日が当たるので、最高気温35℃くらいの日は設定温度26℃でエアコンを稼働させると室温が20℃まで下がります。

そして、一番暑い時間帯を過ぎていくと室温は20℃から24℃くらいまで上がっていきます。

チンチラにとって、”20℃は寒くはなさそう”とは思いますが、夏にエアコンを使った場合の適温は22℃くらいと思いますし、エアコンで冷やした20℃の中に長時間いると体が冷えすぎると思うので、外出して室温の調節ができないときはハウスのヒーターのスイッチを入れておくなどの工夫をします。

チンチラは頭のいい動物なので、ヒーターが敷いてあるハウスの中が暑いと感じたら外に出て快適な場所を探して移動します。

自分がエアコンで冷えすぎた状態をイメージしてみます…

寒くてもエアコンのスイッチを消せない→ 好きな時に温かいヒーターの上で温まる→ 暑くなったらヒーターのあるハウスから出て涼む

この繰り返しで体が冷えすぎるのを防ぐことができます。

エアコンから遠い場所にはペットボトルの冷房

アパート住まいなどでエアコンが一台しかなく、二部屋を一台で賄わなければならない場合にはペットボトルの冷房が役に立ちます

以前アパート住まいのときにどうにかしなければならない状況になり、考えて形になったものです。

ペットボトルの冷房は、容量2ℓの空のペットボトルに水道水を7分目~8分目まで入れてフタをしたものを凍らせて作ります

それを、チンチラ一匹に対して一本使います

百円ショップの網

百円ショップの網

100円ショップで売られていた上の写真のような高さのある金網(足は折り畳めます)に、凍らせたペットボトルにタオルを巻いて斜めに置き、ケージの天井に設置します。

巻いているタオルには、水滴が落ちてチンチラが濡れるのを防ぐ役割があります。

チンチラは物を齧る習性があり、ケージの天井に直接金網を置くとその上のタオルを齧る恐れが出てきます。

そうならないためには足があって天井と金網の間に隙間があり、チンチラの口が届かないようにする必要があります。

この方法を使う前にテストをしましたが、ケージの中から手を入れて確認したところ、金網の下に冷気が落ちてきていてとても涼しく感じました。

設置する位置は、チンチラがくつろぐステージの真上がおススメです。

これを設置すると、勘のいい個体はすぐに気付いてステージに上がり、体温を調節します。

外出時はネットワークカメラで室温をチェックする

エアコンのタイマーをセットして正常にスイッチが入っても、その後落雷などで停電してしまうと復旧後スイッチが切れたままになるので、外出時は定期的に室温をチェックしています。

外出時の室温チェックにはネットワークカメラが最適で、暗視機能も付いているので昼夜関係なくスマートフォンで室内を見ることができます。ほとんどの場合は温湿度計のチェックですが、パン・チルト機能が使えるのでカメラを回してチンチラの姿やエアコンの吹き出し口が開いているか等のチェックも可能です。

エアコンの異常に気を付ける

これまでの経験からすると、エアコンが正常に稼働していれば設定温度26℃でも暑い時間帯に室温が25℃以上になることはありませんでした。

以前一度だけ25℃代になったことがあり、おかしいと思い調べてもらった結果、やはり異常がありました。

内部の掃除の時期がきており、正常に冷たい風を出すことができなくなっていたのです。

チンチラの毛は柔らかくて軽いので飛び散りやすく、夏はエアコンをフル稼働させるため、かなり内部が汚れます

その後、専門の業者さんにエアコン内部の掃除をしていただいて、冷え方は正常に戻りました。

夏の高温は、チンチラの命に関わるので絶対に失敗したらいけないと肝に銘じています。



冬の温度管理

チンチラは冬眠しない

ハムスターは寒さが自分の極限まで達すると冬眠して命を守ることができます。

以前ハムスターを飼ったとき、朝気が付いたら動かなくなっていたことがあります。

動揺しながらよく見ると”おひげ”が微動していました。

その日は気温が予想よりも低かったので、もしかしたらこれは冬眠?と思い、ストーブの前で温めてみると、だんだん動くようになり元通りに復活しました。

チンチラもハムスターと同じ”ねずみ”だから冬眠しそうなものですが、チンチラは冬眠しません

寒さが極限まで達してしまうと命が危険です。

ヒーター・毛布・エアコンで温度管理

冬の温度管理は、ハウスに敷いてあるヒーターとケージに掛ける毛布とエアコンの暖房の三点でまかないます

エアコンの暖房は外気温10℃を目安に稼働させ、それ以外はヒーターと掛け毛布の二点で管理します。

あっ!チンチラが部屋んぽしているときは例外ですね。

もちろんその間は暖房を入れてます。

 

外出時は夏と同様エアコンのタイマー設定で管理します。

冬はエアコンよりもヒーターが主役なので、外出先からの室温チェックは夏ほど過敏にならずに済んでいます。

停電が起こった場合も、復旧後エアコンは止まっていても通電すればヒーターだけは復旧するので助かります。

うちではエアコン暖房の設定温度は常に20℃です。

20℃の暖房は省エネ温度なので電気代がかなりお得です。

冬の温度管理の主役はヒーターと掛け毛布なので、エアコンの暖房はまわりの空気を温める程度にしています。

チンチラのケージはエアコンからすると低い位置にあるので、吹き出し口の向きは斜め下で固定しています。

夜はケージの前面にも毛布を掛けて、なるべく風が入らない状態にしますが、私はチンチラの飼育に関しては神経質なほうなので、前面の一部は空気が通るところを少~し開けておくことにしています。

ケージの中にも空気はあるので、一晩くらいなら酸素不足にはならないとは思いますが、一応念のため…



春秋の温度管理

窓・カーテンの開閉とヒーターで温度管理

熊本は、春秋という過ごしやすい気温の季節がすごく短いです。(他の県も同じなのでしょうが)

過ごしやすい春秋は、気温に応じて窓を開けての通風とハウスに敷いているヒーターの電源オン・オフで管理します。

最高気温23℃、最低気温15℃のような日はチンチラは快適です。

あと、カーテンの開け具合によっても室温が変わることがあるのでカーテンの開閉も利用します。

仕事が休みで家にいる日に窓を開けると、気持ち良さそうに風に当たりながら小鳥の声を聞いています。

チンチラは音に敏感なので、外から聞こえる音が”騒音”のときは注意して窓を閉めます。

日光浴は好きでも直射日光に長時間は厳禁

チンチラに日光は必要ないという説もありますが、うちのチンチラはカーテンを全開にしていると、とても喜びます。

ただ、直射日光が当たる場所に放置すると1時間ほどでも命に関わることがあるので厳禁です。

熱中症チンチラ

ケージごと日の当たる場所に一時間置いていたら、熱中症で脱水症状になったというのを聞いたことがあります。

飼い主さんは、日光浴させてあげているつもりだったそうです。

余談ですが、チンチラが脱水症状になってしまったときの応急処置として”冷蔵庫に入れる”という方法が効果的だという話を聞いたことがあります。

チンチラをペットで飼う場合、犬や猫に比べてデータが少なく試行錯誤で神経を使いますが、慣れると一緒に遊べてすごく楽しいです。

チンチラは適度な大きさがあるので観賞用ではさみしいものです。

まとめ

  1. チンチラの温度管理は難しくはありませんが、常にまわりの温度変化を細かく気にしておく必要はあります。一日の最低気温と最高気温は必ず調べて頭に入れておきます。外出中に携帯のアプリでチンチラ部屋の室温をチェックできるネットワークカメラ、最近は性能が良く安価なものが多くてすごくおススメです。
  2. 長年観察した結果、チンチラが過ごしやすい温度は21℃~23℃です。
  3. 夏の温度管理はエアコンの冷房除湿か冷房で行い、外出時に温度調節ができないときの冷えすぎ対策にヒーターを併用します。日本でチンチラを飼おうと思ったらエアコンが必須です。一台のエアコンで二部屋冷やすような環境ではペットボトルの冷房が役に立ちます。また、外出時にはエアコンがちゃんと稼働しているかネットワークカメラでチェックする必要があります。停電した場合、復旧してもエアコンのスイッチが入らないことや、エアコンの故障等で正常に機能しないときのことも気にしておきます。
  4. チンチラは冬眠しないので寒さにも気を付けます。冬の温度管理はヒーター・ケージに掛ける毛布・エアコンの暖房で管理します。気温が10℃以上のときはヒーターと掛け毛布で管理し、それ以外はエアコンの暖房を入れます。但し、部屋んぽさせたいときなどは、それに合わせて暖房を入れています。一日を通して気温が低いときは、暖房は入れ放しです。我が家のエアコン暖房の設定温度は家計にやさしい20℃で、チンチラがいる部屋の半分から下を温めるようにしています。
  5. 春秋の温度管理は窓・カーテンの開閉とヒーターで行います。チンチラは春秋の気候が大好きなのでレースのカーテン越しに喜んで日光浴します。日光浴は部屋の中でレースのカーテン越しになら大丈夫ですが、晴れた日に外で日に当てることはやめておきましょう。直射日光は熱中症になる可能性がありチンチラの命が危険です。