吉本興業が緊急会見で処分を撤回した芸人(タレント)・理由は?

処分撤回プロデューサー

こんにちは、norikoです。

吉本興業は7月22日14時から都内で緊急会見を開き、契約解消としていた宮迫博之さんと田村亮さんについて、岡本社長が処分の撤回を発表しました。

7月20日、宮迫博之さんと田村亮さんは自ら会見を開き、反社会的勢力の主催する会合に出演し金銭を受領していたこと、その報道について嘘の説明をしていたことなどを謝罪。

宮迫博之さんは18日すでにマネジメント契約を解消されており、田村亮さんも会見で「契約解消にしてください」と話していました。

岡本社長は緊急会見の中で、「宮迫博之くんと田村亮くんにああいう記者会見をさせてしまったことについて、2人に対して深くお詫び申し上げます。非常につらい思いをさせてしまい、申し訳なく思っております。処分の撤回を行い、叶うならば改めてミーティングさせていただき、いつの日か、戻ってきてくれるなら全力でサポートしていきたい」とコメントしました。

今回の闇営業騒動では、反社会的勢力の主催する会合に出演した吉本興業のタレントがギャラをもらっておきながら、当初は虚をついており、悪いのは当然タレント自身です。

それなのに、どうして処分を撤回することになったのでしょうか?

そこで今回は、宮迫博之さん・田村亮さんの処分を撤回した理由と、闇営業騒動に関わった他の芸人の処分も撤回したのかを調べてみました。

スポンサーリンク

宮迫博之さん・田村亮さんの処分を撤回した理由

吉本興業としては、事務所を通さずに仕事を取ってきたうえ、それが公表されると「ギャラはもらっていない」と嘘をつかれてたこともあり、厳しい処分をせざるをえなかったのでしょう。

そして出演した会合は反社会的勢力のものだったので、なおさらです。

しかし、22日の吉本興業の緊急会見では処分の撤回が発表されました。

 

19日に宮迫博之さんと田村亮さんは会見を開き、そこで2人は謝罪しました。

だからと言って、それだけで事務所側が処分を撤回するとは思えません。

撤回することのきっかけが何かあるはずですよね。

きっかけは何だったのでしょうか…?

 

実は同じ吉本興業に所属する先輩の中に、助言してくれた人がいたのです。



吉本興業の岡本社長の話では、明石家さんまさんから

芸人のことを考えてやってほしいもちろん会社の立場もあるだろうけど、もし解除するんだったら、俺が手伝ってやってもええか?」

と言われ、また、ダウンタウンの松本人志さんからは、

ちょっと間違いを犯した子たちをサポートできるような環境を作って。それは俺も手伝う

と言われたそうです。

岡本社長は涙を拭い「いろんなタレントさんや大阪でがんばっていただいているベテランの方に叱咤激励を受けました。このような本当に素晴らしい芸人・タレントさんの思いに応えきれていないことを非常に反省しております」と話し、そのお詫びとして

  • 社長として至らなかったことの責任として、50%の減棒を1年間続ける
  • 会長の大崎さんも同様に50%の減棒を1年間続ける

ということを報告しました。

 

明石家さんまさんの言葉の中に「もちろん会社の立場もあるだろうけど」というのがありますが、さんまさんの性格がよく出ていますね。

いつも周りの全ての人に、気を遣っています。

そして松本人志さんも、素晴らしいですね。

お2人ともすごく優しい感じがしました。

あれだけの人になると、余裕がありますね。

他の芸人の処分の撤回は?

宮迫博之さんと田村亮さんの処分は撤回されましたが、既に処分を受けている他の芸人の処分も撤回したのでしょうか?

闇営業問題が発覚し、その仲介役をしていた入江慎也さんは6月4日付けで契約解消関わった他の芸人は6月24日付けで謹慎処分になっています。

22日の緊急会見の中で岡本社長は、「そういうお金をもらって、しかも闇営業の仲介をしているということは、処分を変えるつもりはないです」と断言しました。



入江慎也さんは闇営業の仲介役だったので、処分撤回は難しいです。

緊急会見のときに発表された処分撤回は、宮迫博之さんと田村亮さんの2人だけで、入江慎也さんや他の芸人の処分の撤回はありませんでした。

まとめ

吉本興業は7月22日14時から都内で緊急会見を開き、契約解消としていた宮迫博之さんと田村亮さんについて、岡本社長が処分の撤回を発表しました。

宮迫博之さん・田村亮さんの処分を撤回した理由は、明石家さんまさんと松本人志さんから、叱咤激励を受けたからでした。

緊急会見で岡本社長は、「叶うならば改めてミーティングさせていただき、いつの日か、戻ってきてくれるなら全力でサポートしていきたい」とコメントしています。

そして2人以外の芸人の処分の撤回についてですが、契約解消になった入江慎也さんを含め、処分の撤回はありませんでした。

 

処分撤回ということは、宮迫博之さんが拒否しない限り、また吉本興業に戻るということですね。

勇気を持って自ら会見を開いたことで、運が開けたのではないかと思います。