チンチラに食べられにくいハンモックの素材と形(デザイン)は?

pluskobo-hammock-2チンチラの飼い方
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、norikoです。

チンチラを飼い始めて数ヶ月が経ち、ケージ内のレイアウトが整ってきたら

「他にも何か取り付けられないかなぁ?」なんて思いますよね。

もう大きいものは置けないんだけど、何か寂しい。

そう、天井の辺りが…

ハンモックはどうだろう?

ハンモックに乗っている姿はすごく可愛いだろうなぁ…(*^o^*)

ハンモックにしよう!

ですがこのハンモック、チンチラにはいろいろと問題があるんですよね。

チンチラは何でも齧って味見します

特に初めて目にした物には興味深々!

齧るだけならそんなに心配はいりませんが、ほとんどの場合は食べてしまいます。

それが自然に排泄されないと、チンチラは体調を崩すことに…

そうなると大変なので、ハンモックを取り付けるならチンチラに食べられにくい素材を選びましょう。

ここからは、ガジガジ度が高いチンチラに食べられにくいハンモックについてお話していきますね。

スポンサーリンク

チンチラに食べられにくい素材

kiji

うちで使っている定番のハンモックはアニマル柄の布製のものでした。

取り付けてすぐの頃は案の定、しきりに齧って歯ごたえを確認していましたが、齧って引っ張っても崩れたり糸が出たりしない素材なので食べられずに済みました。

チンチラには齧って引っ張ったときに繊維が崩れにくく糸が出ない素材がおススメです。

ほつれやすい性質の生地やキルティングのように表面を縫ってある生地は、齧ると繊維や糸が出てくるのでチンチラが食いちぎって食べることがあります。

おススメ素材は生地の種類で言うとフエルトやフリースです。
(齧ってもほつれにくい生地なら食べられにくいので、その限りではありません)

チンチラに食べられにくい形(デザイン)

リバーシブルで表が硬めの綿素材・裏がフエルトのハンモックの綿素材の方を表にした状態で1年半くらい経ちました。

何の問題も起きずにいい感じ(^_^)v

チンチラもよく乗ってくつろいでいました。

すっかり使い慣れた家具のひとつになっています。

寒い季節にもなってきたし、新しくモコモコ素材の暖かなハンモックをプレゼントしたくなり、ネットで検索したら良さそうなものが見つかったんですよ。

モコモコで暖かそうなハンモック。

なな尾が喜びそうだなぁ(*^o^*)

なんてワクワクしながら注文しました。

しかし…!?

実際に使ってみると毛足が長い生地のため、引っ張ると繊維が取れやすく、なな尾は齧った後にモグモグしています。

え? もしかして食べてる…? (T_T)

これはいかん。

ハンモックに乗っている姿は極上に可愛いのですが、うちの子には合わない素材だったようです。

未練タラタラでしたが取り外して次の候補に移りました。

次に用意していたのは2段もののハンモック。(進化しましたね!3段ものまで出ていました)


お手頃価格で柄も可愛いんですよね(^o^)

私が購入したものは一段目(一番上)は硬めのサラサラとした布地で、その裏と2段目は毛足の短いベロアのような素材。

取り付けて様子を見たところ、齧って引っ張っても繊維が崩れて取れたりすることもなく、2段目にも入って遊んでいました。

「これはいい! 使えそう」

そう思って喜んだのもつかの間、夜になってチンチラ部屋を覗くとハンモックの吊り金具はケージに引っ掛かったままになっているのに、一ケ所がダラーンと外れて垂れていました。

何が起こったの??

よく見ると、吊り金具に繋がっていた細めの布の部分が一ケ所無くなっていました。

えーっ! どこにいったの?

ビックリしてケージの隅々まで調べましたが布は見つかりません。

大ショック…

言葉が出て来ませんでした。

無い=食べた ということだからです。

animal-hammock

なな尾は元気いっぱい走り回っていましたが…

多分、齧って引っ張って取れた繊維を少しずつ少しずつ、食べていったのではないかと思います。

なな尾の胃の中に入ったことは間違いないと判断したので、今どうもなくてもこれから後に具合が悪くなることもありそうです。

応急処置で思い浮かんだのはヘアボールリリーフ。

体内に入った被毛などを柔らかくして自然な排泄を助ける栄養補給食です。

すぐに舐めてもらいました。

「体の外に出てくれればいいけど…」

それから数日様子を見ましたが、お通じが滞ったり具合が悪そうにしていることもなかったので少しホッとしました。

「なな尾、お母さんのせいだね。ごめんね…(T_T)」

2番目の候補も失敗に終わり、とりあえずは一年半何事もなく使い続けたハンモックに戻しました。

それなのに…

釣り紐にあたる部分の布が食べられることを学習したので、元のハンモックの吊り紐の部分を食いちぎる勢いで齧り始め、半分破いてしまいました。

そのままにしていたら、また食べてしまうかもしれない。

使い慣れていたハンモックも危ないので撤去しました。

こうして、なな尾のケージからはハンモックが消えました。

今までずっと取り付けていたので私もなな尾も寂しい。

新しいハンモックに替えようとしたことが裏目に出てしまいました。



一体、どんなハンモックなら大丈夫なんだろう?

吊り下げ金具に繋いである細い布の部分が合わないうことは、ハンモック本体を直接金属(チェーン)で吊り下げるデザインのものじゃないと危険ですよね。

そういうデザインのハンモックを前に楽天市場で見たのを思い出しました。

こういう感じのやつです
hatome

この際、楽天市場にこだわらないでもっと広い範囲を探してみよう。

そして、見つけた中でいいと思ったのは鈴木理恵さん(ロイヤルチンチラのマネージャー)がプロデュースしたハンモックでした。

吊り下げ部分は金属のチェーンのみを使用

まさに、ガジガジ好きのチンチラに齧られてもハンモックが落ちてしまわない作りです。

それに加えて素材もチンチラに合うフエルトのような崩れにくい生地

さすが! よく考えてあります。

お値段はお高めではありましたが、チンチラの習性を考えて作られたハンモックのようなので、試してみる価値はあります。

思い切って購入することに決めました。

選んだ色はバナナイエロー、幸せの黄色いハンモックです。

4〜5日待つと商品は届きました。

実際のハンモックを手に取ってみると、ふわふわ分厚くてお布団みたいな仕上がり。

これは気持ちいいだろうな(*^_^*)

早速ケージに取り付けてみたところ、なな尾はすぐに興味を示して齧りに行きました。

でも、ビクともしません(^_^) (いいぞ~!)

齧って引っ張っても全然繊維が崩れないので、このハンモックとは長く付き合えそうです。

なな尾は歯ごたえを十分に確認して満足したのか、齧るのを止めてハンモックの上でくつろぎ始めました。

pluskobo-hammock気持ち良さそうだね(*^o^*)

pluskobo-hammock-3幸せそうな表情だね(*^_^*)

サイズが大きめなので、毛繕いや体のケアがしやすそう。

思い切って買って正解でした。



合わなかったハンモックのリメイク

今回の経験で、チンチラにはどんなデザインのハンモックがいいのかがわかりました。

失敗に終わってしまったハンモックの中で、素材だけは合っているものがあるのでリメイクしてみようかな^_^

吊り下げ金具に繋いである細い布の部分を取り除いて、ハンモック本体に直接穴を開けてハトメ金具を付けたらイケそうですよね。

調べたら、ハトメ金具とハトメパンチ、吊り下げチェーンの延長部分に使う金具は全て100円ショップでも揃いそうです。

まずは2段もののハンモックをリメイクしてみようかと思っています。

まとめ

ガジガジマンであるチンチラに食べられにくいハンモックの素材と形(デザイン)についてお話してきました。

チンチラのガジガジ度には個体差があるので、うちのなな尾には合わなかった素材でも大丈夫な子ももちろんいると思います。(うちのなな尾のガジガジ度はかなりお高め)

可愛くて気になるハンモックがあったら、一か八か試してみるのもいいかもしれませんね。

齧っても食べなければOKです。

チンチラと一緒に合うものを選んでいきましょう。