宮迫博之と田村亮の会見が遅れた理由・吉本興業の処分・引退は?

宮迫・田村の会見タレント

こんにちは、norikoです。

反社会的勢力との闇営業問題を巡り、お笑い芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんがそろって、7月20日午後3時から都内で会見を開きました。

宮迫博之さんは、19日に吉本興業からマネジメント契約を解消されています。

今回の会見について吉本興業は関わっていません。

吉本興業の関係者は会見前に、「田村亮についても宮迫博之と同様に契約を解消する方向です」としていました。

ことの発端は2019年6月7日発売の週刊誌FRIDAYの記事で、記事が出た後周囲からは「会見を開いて説明したほうがいい」という声が何度も上がりました。

しかし、会見は開かれないまま1カ月以上が経ち、やっと20日に会見を開くことに…

どうして会見を開くのがこんなに遅くなったのでしょうか?

そこで今回は、会見を開くのが遅れた理由を調べてみました。

スポンサーリンク

宮迫博之さんが会見を開きたいと思ったのはいつ?

宮迫博之さんと田村亮さんは、闇営業問題が報道された直後は「ギャラはもらっていない」と主張していましたが、実はギャラをもらっていました。

宮迫博之さんは田村亮さんから「お金のことを言いましょう」と言われ、6月8日に、もらった金額の詳細を吉本興業の社員と弁護士に正直に話しました。

しかし、吉本興業から「今更ひっくり返せませんよ」と言われて、いったん納得してしまいました。

そのときを境に、宮迫博之さんは会見を開きたいと強く思うようになりました。

吉本興業はギャラをもらっていた事実を6月24日まで発表しませんでした。



宮迫博之さんらは週刊誌の記事が出た翌日、吉本興業に、ギャラをもらっていたことを正直に話していました。

6月8日を境に会見を開きたいと強く思うようなったということなので、実際に会見を開くまでには1カ月以上も間があり、気が気じゃなかったでしょうね。

会見を開くのが遅れた理由

宮迫博之さんは何度か吉本興業に、「大丈夫か、会見を開いて言った方がいいのではないか」と提案しましたが、「いえ、会社としては静観です」と言われました。

そんなやりとりが続くなか吉本興業は、6月24日に、お金を受け取っていたことや関係者の処分を公表しました。

「宮迫博之さんは吉本興業の岡本社長に会見をさせないよう圧力をかけられた」と訴えています。

6月24日に急きょ会社に関わった全員が呼ばれ、「全員謹慎です」と告げられました。

田村亮さんは「記者会見をやらせてください、自分たちの口で金額、経緯を伝えさせてください」と言いましたが、「記者会見をさせるつもりはない」と断言されました。

田村亮さんは「辞めてでも僕一人でもさせてください」と声を上げました。

そこで、今度は吉本興業の岡本社長と宮迫博之さんら5人だけで話をしました。

「亮、ええよと、お前辞めて一人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんだら全員連帯責任で首にするからな。それでもええんやったら記者会見やれ俺にはおまえら全員首にする力があるんだ」と岡本社長から言われ、全員何も言えなくなりました。

そのことで吉本興業への不信感が高まり、その後は弁護士をつけて交渉することにしましたが、そうすると、吉本興業から弁護士に書面で、「2人の引退会見か、2人との契約解除のどちらかを選んでください」という内容が送られてきました。

引退ではなく謝罪会見をしたいと思っていたので、どうしていいかわからなくなったそうです。

岡本社長と話をしたいとお願いしましたが、弁護士としか会えず、引退会見を拒むなら2人の契約解除は揺るがないと言われ、そうならば会社を辞めて自分たちで会見しようという判断になり、20日の会見開催に至りました。

宮迫博之さんや田村亮さんは引退ではなく、芸能活動を続けたい意向です。



吉本興業が会見を開きたくなかったことが、会見を開くのが遅れた理由だったんですね。

しかし、最初に「ギャラはもらっていない」と嘘を言ったのは本人たちなので、事が複雑になったのも結局は自分のせいかな?と思いました。

まとめ

反社会的勢力との闇営業問題を巡り、宮迫博之さんと田村亮さんがそろって、7月20日午後3時から都内で会見を開きました。

宮迫博之さんは、19日吉本興業にマネジメント契約を解消された後、また、田村亮さんは契約解消を覚悟の上で自ら開いた会見です。

ことの発端は2019年6月7日発売の週刊誌FRIDAYの記事で、記事が出た後周囲からは「会見を開いて説明したほうがいい」という声が何度も上がりましたが、実際に会見を開くまでには1カ月以上かかってしまいました。

宮迫博之さんの話が本当だとすれば、会見を開くのが遅れた理由吉本興業の岡本社長に会見をさせないよう圧力をかけられたからということになります。

そして宮迫博之さんや田村亮さんは引退はしません。

 

吉本興業と宮迫博之さんらの関係はこじれてしまい、信頼関係が崩れてしまいました。

しかし、吉本興業から「ギャラはもらっていないと嘘をつけ」と言われたわけではないので、本人たちのまいた種でもあるのかなと思います。