宮迫博之が振り込め詐欺忘年会参加で処分?おとがめなしの実情は?

宮迫博之闇営業タレント

こんにちは、norikoです。

大規模振り込め詐欺グループが2014年12月27日に都内のホテルで開いた忘年会兼誕生日会に、雨上がり決死隊の宮迫博之さん(49)、カラテカ入江さん(42)をはじめとする数人の芸人たちが参加していたと6月7日発売のFRIDAYが報じました。

この詐欺グループは、忘年会の約半年後の2015年6月に摘発されており、12月27日は逮捕された主犯格・大野春水の誕生日だったといいます。

詐欺グループとの仲介役となったのはカラテカ入江さんだったという話ですが、問題の忘年会兼誕生日会には他に誰が出席していたのかと、参加していた芸人の処分はどうなったのかを調べてみました。

スポンサーリンク

参加していた芸人は?

FRIDAYによると、宮迫博之さん・カラテカ入江さん以外に参加していたのは、

  • レイザーラモンHG(43)
  • ガリットチュウの福島善成(41)
  • ロンブーの田村亮(47)
  • あまり売れていない芸人2~3人

だったそうです。

この忘年会兼誕生日会の司会はカラテカ入江さんが務め芸人たちは会の後半にサプライズで登場しました。

最後に登場したのは宮迫博之さんで、自身もメンバーの人気デュオ「くず」の代表曲「全てが僕の力になる!」を熱唱したそうです。

参加した芸人の処分

吉本は、「知らなかったとはいえ、反社会的勢力との交際は許されない」としてカラテカ入江さんとの契約を解消。

その他の参加メンバ-・宮迫博之さん、レイザーラモンHGさん、福島善成さん、ロンブーの田村亮さんにも事情を聞きましたが、4人ともカラテカ入江さんに頼まれて出席しただけで、会の詳細は知らなかったため今回は厳重注意となりました。



カラテカ入江さんだけがクビ

お笑い関係者からは、次のような声もあがっています。

「もちろん仲介役の入江が最も悪いけれど『反社会的勢力とは知らなかった』と主張しているのは他の4人と一緒。しかもその4人も報酬は受け取っているそうですからね。入江が契約解除なら4人は謹慎でもおかしくないが、厳重注意のみ。厳重注意とは仕事を続けるということだからね。入江だけクビなのは、ちょっとかわいそう

確かに、そう言われると、そうかもしれませんが…

「仲介役」は橋渡しの役割なので、やはり一番悪質だと判断されてしまいますよね。

詐欺グループの元メンバーの話では、

「入江とグループの幹部は忘年会の前から知り合いでした。
そのよしみで入江に『芸人を忘年会に呼んでくれ』と頼み、ギャラも入江を通じて支払ったみたいです。
芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ。
入江が俺たちのことを詐欺グループと知っていたか?
間違いなく知ってましたよ
。幹部のなかには酒癖の悪い奴がいて、酔うと自分たちが詐欺で稼いでいることをベラベラしゃべっていましたから。」

そうですよね。知らないわけがないですよね…

カラテカ入江さん以外の参加メンバ-にも同じことが言えそうです。

ギャラの件も、もらっていないとなると嘘っぽいですね。



宮迫博之さんを守る構図を作った?

テレビ局関係者の話では、最も売れっ子で稼ぎも多い宮迫博之さんに批判が行かないようにするために、仲介役のカラテカ入江さんに責任を負わせ他の4人は「全く知らなかった」という構図を作る必要があったのではないかということです。

雨上がり決死隊が司会を務めるテレビ番組「アメトーーク!」をはじめ、多くのレギュラー番組を持つ宮迫博之さんは、芸人としての活動だけではなく、歌手・俳優としてマルチに活躍しています。

宮迫博之さんについては、今回の「闇営業」問題で守られたことの他に、過去でも守られていますね。

宮迫博之さんといえば、2017年にモデルの女性とホテルで密会していた不倫騒動が報道されたときの週刊文春の直撃に「オフホワイト」と答えたのは有名ですが、それ以前にもたびたびキャッチされていました。

守られた過去のエピソード

2011年に18歳年下の元アイドルとの不倫をFRIDAYに報じられたことがあります。この時に吉本は、当時の広報担当者をわざわざ新聞社に行かせ「大変なことになるから後追いはするな!」と言ったことがあるそうです。

宮迫博之さんを守るために、メディアを「恫喝」したんですね…。

そこまでするなんて、よっぽどのことですよね!

しかし、特別扱いは芸能界だけではなく、一般の会社でもよくあることですね。

まとめ

大規模振り込め詐欺グループが2014年12月27日に都内のホテルで開いた忘年会兼誕生日会に、雨上がり決死隊の宮迫博之さん(49)、カラテカ入江さん(42)をはじめとする数人の芸人たちが参加していたと6月7日発売のFRIDAYが報じました。

詐欺グループとの仲介役となったのはカラテカ入江さんで司会もしていたそうですが、他に参加していた芸人には、レイザーラモンHG・ガリットチュウの福島善成・ロンブーの田村亮・あまり売れていない芸人2~3人がいました。

今回の問題での吉本の処分ですが、参加していた芸人のうち、カラテカ入江さんはクビになってしまいましたが、その他は厳重注意で済みました。

厳重注意になった中でも、特に売れっ子で稼ぎが多い宮迫博之さんは、吉本から守られているようです。

吉本も一企業ですから、「儲けてなんぼ」の世界です。

売れっ子は強いとゆうことですね。