チンチラの感情表現。言葉を話せなくても気持ちは伝わってくる!

感情表現チンチラの飼い方

チンチラは当然ながら言葉を話さず人間とは程遠い形の”ねずみ”なので、チンチラの気持ちをわかってあげるのは難しいと思ったりしませんか?

でもチンチラも動物である以上、話せなくても行動や態度で感情を表現する力を持っています。

人間も、話さなくても行動や態度を見ていると何を考えているのかわかるときが多いですよね。

その感情表現を見逃さずに理解するよう心がけていけば、チンチラとの信頼関係を強くしていくことができます。

私は、長年チンチラを飼ってきて、いろいろな感情表現を見て考え対応してきました。

私の実体験のデータから、チンチラはどんなときにどのような表現をするのか説明していきます。

スポンサーリンク

嬉しいとき

嬉しいときは、尻尾を勢いよく左右に振るのをよく見ます。人間には尻尾はないので未知の世界ですが、尻尾の先まで神経が行き届いているということなんでしょうね。

楽しみに待っているジュースを飲むときは、”バタバタバタッ!”と大きな足音を立てて突進してきます。飲める嬉しさを身体中で表現しているといった感じです。そんなときは、自分が高齢であることなんて忘れています。

一緒に遊んでいるときに喜んでいるのがわかるときは、体調が良くて遊びたい気分のときに、「フンフンフン!」と小声で言いながら走り回るときです。チンチラも人間と同じように、体調がとてもいい日、普通の日、あまり良くない日、悪い日とあります。それは、室温や天気によっても違います。

大人しく飼い主の膝の上でくつろいでいるときに両手で包むように少し押さえると、小さな声で「キュ~!」と言います。何度繰り返しても同じように「キュ~!」と言います。これは甘えたいときで、優しく撫でられていることに喜んでいます。

砂浴びしているときに数秒間ひっくり返ったままの体勢でいるときがあります。こんなときは心の中で、”気持ちいい~!これだからやめられないよなぁ”と思っています。表情はうっとりとしていて、終わった後は目が輝いています。

ケージのドアが閉まっているときは、ケージの隅っこに行ってへばり付いて鼻を出すことがあります。これも喜びの表現です。すぐに出してもらいたいと思っています。

このように、喜びの表現にもたくさんの種類があります。次は怒っているときの表現です。


怒っているとき

怒ったときはよく「ヴェッヴェッ!」という声を出します。温厚な性格の子はその直後に触っても普通にしていますが、気性の荒い子は簡単には許してくれません。さらに声を立てて怒りをあらわにし、まだでもこちらがしつこく触ると噛むまではしませんが、少し歯を立てます

もう懐いていると油断しているので、”おお~っ、怖~!”という感じです。性格に合わせて対処したほうが良さそうです。

テンションが低いとき

怒るまではいかないけど、なんだか気が乗らない、遊ぶ気にならないときはハウスにこもって出てきません。うつ向いて静かにしています。眠いときも同じです。

そんなとき、入り口に見えている顔を触ると、クルッと向きを変えてお尻を向けます

慣れているチンチラならハウスの奥に手を入れても噛んだりはしませんが、気が乗らないので知らないふりをします。

そんな素振りを見ると、チンチラは自由気ままな猫系の性格なのかなと思います。

体調が悪いとき

少しだけ体調が悪いようなときはハウスの中で大人しくしていますが、身体のきつさが増してくると今度はケージから出て来て飼い主の腕に入り込んで来ます。放っておくと、ずっと顔をうずめたままの状態です。

自分の身体の状態が良くないのを飼い主にわかってもらおうとしています。一緒に暮らしている飼い主のことは親か友達だと思っているのではないかと思うので、きついときにくっ付いていると癒されて気が紛れるのもあるかもしれません。

元気が良くて甘えているときもありますが、そんなときはくっ付いても数分経つと飽きて動き出すのでそこが違います。

うちでは持病を持っている子を飼っているので、限界を訴えているのを感じたら病院に行くようにしています。

ハウスの外にいても、ハウスの屋根やステージに上がってうつ向いてケージを両手で握っていることがあります。ケージに寄り掛かるような感じです。このときも、体調が悪くてきついのを我慢しています。

毎日よく見ていると、チンチラは頻繁にメッセージを発しています。ひとつひとつを見逃さずに何を伝えようとしているか考えていくことはとても重要なことです。


おまけ

チンチラ表情クイズ!

うちのラム♀の写真ですが、何を思っている表情でしょう?

ラムネ

これは、りんごジュースを初めて飲んだときの写真で、

「こんなに美味しいもの、初めて飲んだ!本当に美味しかった~♥」

と大満足しているときの顔です。

感動したんでしょうね。

こんな表情は初めて見たので記念に撮っておきました(*^_^*)

まとめ

チンチラが嬉しいとき

  • 尻尾を勢いよく左右に振る。
  • バタバタと走りまわる。
  • 「フンフンフン!」と声を出す。
  • 触ると「キュ~!」と小さな声を出す。
  • 砂浴びのときに数秒間ひっくり返ったままでいる。

人間に例えると嬉しくて手を叩いたり、スキップしたり(大人はあまりしませんが)、鼻歌を歌うといった感じかな?と思いました。

怒っているとき

  • 「ヴェッヴェッ!」と鳴く。

気に入らないことがあってブツブツ文句を言っています。

それでも触ろうとすると、稀に歯を立てることもありますが、”本当に放っておいてくれ!”という意味です。

テンションが低いとき(眠いなど)

  • 触ると身体の向きを変えて知らないふりをする。

うっとおしいので打ち合いたくない態度です。

体調が悪いとき

  • ケージの中にいるときはハウスの屋根やステージの上で、ケージを両手で握ってうつ向いている。
  • ケージの外では飼い主の膝に乗り、腕に顔を突っ込んで(くっ付いて)長い間そのままでいる。

病気できついときは、構わないで欲しくてハウスにこもって出て来ないだろうと思っていましたが、すぐに飛び出て来てくっ付いて離れません。予想外でした。

これは、助けて欲しい、できるだけ一緒にいたいというメッセージです。

言葉はなくてもちゃんと気持ちは伝わってきます。